商品先物 使える!相場参謀本部ログ 後場注目:ゴムの売り、強弱の分岐点=伊藤
FC2ブログ
プロフィール

エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
後場注目:ゴムの売り、強弱の分岐点=伊藤
本日後場は、東京ゴム07年10月限の売りに注目します。売りのポイントは後場寄りで、損切りの目安を前引け前につけた戻り高値289.2円へ設定します。
東京ゴム先限の最近の反発調が値幅の大きな調整に過ぎないなら、足型で上ヒゲの長い線をつけた上値を抑えられた昨日の高値289円近辺が調整の終点になる可能性があります。上値を抑えられたにもかかわらず上昇すると、289円に値頃感がないことを示すため、その後は上値余地が大幅に拡大します。特に、勢いの強い上げの後の反落サインは、その付近が上値の限界になる可能性を示しています。
以上の見方から、最近の反発が一時的な調整ならば、本日は、強く上値を抑えられる格好になって、本日の高値で調整の終点を確認する動きになるはずです。その場合、上ヒゲが極端に長い線か、昨日の上げ幅のすべてを押し戻して足型で弱気の抱き線をつけるパターンのどちらかが考えられます。上ヒゲの長い線になるなら、前場での上げ幅が現時点よりも大きくなっているはずなので、本日が上値の重さを示す場合、足型で弱気の抱き線をつけるパターンになる公算が大きいと言えます。だとすれば、後場は目立った反発なく、下値を掘り下げる動きになると予想できます。
一方で、後場に価格が下値堅く推移するならば、その後は299.5円の突破を目指す可能性が出てきます。

東京プラチナ先限は、5月15日の足型で下ヒゲの長い線をつけたことで、目先的な下値堅さを上値余地のあることを再確認しています。つまり、5月15日以降の価格は上げやすい状態になっていたと見ることができます。それにもかかわらず、5月16日以降、上げが勢いづいていないため、現時点では5031円以上の上値が重いという見方ができます。
指標は、高水準から反転下降水準を切り下げて、価格の流れが弱気へ変化しつつあることを示唆しています。
前場では、寄り付き後、上値を試す動きになりましたが、すぐに反落して、下値を掘り下げています。弱気に傾きつつある状況で、上値の重さを確認して、下値を掘り下げた経緯から、後場は下値を試す動きになる公算が大きいと言えます。
(参謀:伊藤智洋)


もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)
スポンサーサイト




テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sanboblog.blog35.fc2.com/tb.php/777-2d5a7044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)