商品先物 使える!相場参謀本部ログ NISグループ(8571)=FPeye
FC2ブログ
プロフィール

エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
NISグループ(8571)=FPeye
5日に発表した07年3月期第3四半期累計決算は、売上高が前年同期比40.7%増の597.96億円、経常利益は同5.4%減の89.22億円と増収減益となった。上期に利息返還損失引当金の関連費用を特別損失に計上し、業績予想を下方修正していたため。足元は利息返還費用はさらに増加しているものの、子会社ニッシン債権回収が計画を上回って推移していること、連結子会社NIS不動産 において不動産売却収入の追加計上が期待できること、単体の不動産担保ローン向けに積み増した引当金の取り崩しが見込まれることなど--から会社計画は達成できると予想される。

一部外資系によると、悪材料はほぼ出尽くしで、現状バリュエーションに鑑みれば、法改正リスクが少なく来期以降に二桁成長が期待できる同社株価は割安な水準にあるという。株価は70円前後を明確に抜けることができなかったことで調整基調にあるが、一目の雲上限は打診買いを入れてみたい。59円ロスカット。
(参謀:FPeye)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)
スポンサーサイト




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sanboblog.blog35.fc2.com/tb.php/624-f4211742
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)