商品先物 使える!相場参謀本部ログ 後場注目:プラチナの売り=伊藤
FC2ブログ
プロフィール

エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
後場注目:プラチナの売り=伊藤
 本日後場は、東京プラチナ07年10月限の売りに注目します。売りのポイントは後場寄りで、損切りの目安を前引け前のもみ合いレンジ上限4347円へ設定します。
 東京プラチナ先限は、11月21日の高値を中心にした短期のヘッド・アンド・ショルダーズ・トップを形成中の可能性があります。そして、11月28日に価格が下放れて、足型で三川宵の明星という弱気パターンが出たことにより、27日の高値4415円が天井型の右肩の高値になる可能性が大きくなったと言えます。弱気の見方が正しければ、目先はネック・ライン4300円を下抜き、下降を開始する公算があります。
 本日前場は、昨日に開けたギャップ上限4355円で上値を抑えられたことから、後場が下値を試す動きになると考えられます。だとすれば、後場は、前場の安値前後で下値を支えられるか、ネック・ラインを目指す動きになるかのどちらかのパターンが考えられます。
(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

※相場参謀本部では、本記事の解説チャート及び売買譜が閲覧できます
スポンサーサイト




テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sanboblog.blog35.fc2.com/tb.php/505-e1e90759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)