商品先物 使える!相場参謀本部ログ 後場注目:プラチナの売り=伊藤
FC2ブログ
プロフィール

エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
後場注目:プラチナの売り=伊藤
本日後場は、東京プラチナ07年8月限の売りに注目します。売りのポイントは、後場寄りで、損切りの目安を4035円へ設定します。目先の反発の上値の目安は4033円ですが、若干だけゆとりを持たせて4035円へ設定しています。前引け時点では、前場の高値を試す動きのまま引けています。そのため、後場寄り後も上昇を継続する可能性があります。その場合、1時頃に4030円以上へ達した後、戻り高値をつけた地点で売りを入れて、その戻り高値を損切りの目安にします。後場寄り後、すぐに反落するならば、前場の高値4028円を損切りの目安へ変更してもかまいません。
先日書いた通り、東京プラチナ先限は、短期的な流れが弱気の状況で、目先的な流れの弱さを確認しています。チャートでは、10月24日に下ヒゲの長い十字線をつけていますが、これが当面の下値堅さを示すサインになっているとは見れません(一時的な下値堅さを示すサインにはなっています)。だとすれば、24日、25日の反発は、10月19日~20日と同程度の反発(2日で53円の上げ)で終わる公算が大きいと言えます。前回と同程度の調整なら、上値の目安は調整入り後2日目となる25日に、上値の目安となる4033円前後の地点へ達した後、下降を開始すると推測できます。
前場では、すでに上値の目安になる地点近くまで上げているので、後場寄り後はすぐに戻り高値(調整の終点)をつけると考えられます。
(参謀:伊藤智洋)


もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)
スポンサーサイト




テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sanboblog.blog35.fc2.com/tb.php/416-98c81294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)