商品先物 使える!相場参謀本部ログ タイのクーデターでドルが救われる=第三の男
FC2ブログ
プロフィール

エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
タイのクーデターでドルが救われる=第三の男
ドルがタイのクーデターで命拾いした。米国の予想を下回る住宅着工とコアの生産者物価でドル売りに勢いが付きはじめた矢先にタイでクーデターが発生し、慌てたショートカバーでドルが一命を取り留めた。数時間、ドルが全面高の展開になったが、無血クーデターでこれまでのところそれほど混乱がないことから、決定的な材料にならずドル円は116.99円から117.78円までの上昇で118円には戻れず、ユーロドルは1.2715から1.2667への下落で済んでいる。当然、クロス円は円が若干売られる程度で大きな変化はなかった。ロンドン時間夜10時現在、バンコック市内は落ち着いており、20日帰国予定のタクシン首相がどういう立場に置かれるか不明だ。

ヘッジファンドの動向に要注意
タイの株式は当然のことながら既に売られており、NY市場上場のあるタイ・ファンドは一時7%以上下落したが、その後持ち直して4%前後の下落に収まっている。別のタイ・ファンドも5%弱の下落に留まっている。タイのクーデターが他のアジア諸国にどう影響するかは今のところ不明だ。ただし、アジアに投資しているヘッジ・ファンドが今後どのようなスタンスを取るか不明なため、注視する必要があるだろう。今年5月、6月にエマージング市場投資が混乱した際、びくついたファンドが資金をドルに戻して、しばらくドル買いが続いたことを思い出す必要がある。タイの政治情勢自体が為替市場に直接的な影響をもつとは思われないが、ヘッジファンドの資金動向には用心する必要がある。

ハンガリーでも気味の悪い動き
ハンガリーでも政治情勢が混沌としてきている。4月の総選挙で勝利した社会党のジュルチャーニ首相が選挙の際にハンガリー経済についてウソを付いていたことを認め、18日にはデモ隊と警官隊が衝突し、19日は夜になっても10万人近い群集が首相府前の広場に詰め掛けており不気味な情勢になっている。ハンガリー・フォリントは対ユーロで1%前後下落している。ハンガリーとタイの政治情勢悪化により米国債市場では若干ながら「質への逃避」が見られている。

米ヘッジファンド、天然ガス先物で巨額の損失発生
さらに、米国ヘッジファンド、アマランス・アドバイザーズ(Amaranth Advisors)が巨額の損出を出しており、この損出を補填するために含み益のある資産を売却している。天然ガス先物市場への投資で発生した損失はNYタイムズの報道では30億ドル以上(3,500億円相当)、ブルンバーグの報道では46億ドル(5,300億円)に上る。1998年に発生したロング・ターム・キャピタルの損失が当時40億ドルと言われていて、その規模に匹敵するファンドの損失発生ということになる。当時に比べると、特定の投資対象への集中やヘッジ手法の向上、さらには投資家の分散など、ヘッジファンドのリスク管理も幾らか改善されているため、ロング・ターム・キャピタルのような事態は起こらないと思われるが、今回のタイ、ハンガリーの政治的混乱でヘッジファンドの資金が右往左往する可能性もあるため、足下で金利動向だけを睨んだ為替トレーディングのリスクは高くなっている。
(参謀:第三の男)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!

(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)
スポンサーサイト




テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sanboblog.blog35.fc2.com/tb.php/335-40abfa7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)