商品先物 使える!相場参謀本部ログ 【参謀たちの直感】金:短期マネーの踏ん張りが利かなくなるときは近い...Dr.Watson
FC2ブログ
プロフィール

エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
【参謀たちの直感】金:短期マネーの踏ん張りが利かなくなるときは近い...Dr.Watson
[08/18 06:07]
NY金は650ドルを割り込んだあと下げ渋りとなっていいるものの、既に6月14日安値から続いた上昇トレンドを割り込んでおり印象は悪い。新興市場の一時的な巻き戻しに鉱山株が持ち直したことで、AMEXゴールドバグズ指数(HUI)など鉱山株価指数なども値頃買いを集めている。現在の高値維持は短期マネーの踏ん張りによるものである。これに対し、欧州系銀行中心に売物が増加していることが重石になってきている模様。先般のFOMCでバーナンキ議長が示したインフレ警戒感は影響が大きく、債券系の大口市場参加者が参入してくる可能性は低い。直近FOMC以降、債券資金の新規参入が萎えることで金ETFへの投資需要も萎えている。短期マネーの踏ん張りが利かなくなるときは近いとみている。中長期での先高感はともかく現在は下値を試し取組みを解す必要のあるところとみる。チャートや取組み面からも、目先戻り一杯というタイミングも近いと思われる。とりあえず、現状目先を仕掛けていくならば、戻り売り方針が良いか。

(参謀:Dr.Watson)

もっと記事を読みたい方は・・・

相場参謀本部へ!

(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)
スポンサーサイト




テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sanboblog.blog35.fc2.com/tb.php/302-25cdb358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

値頃

値頃とはちょうど頃合いの値段のことで、売るのに頃合いの値段を「売り値頃」、買うのに頃合いの値段を「買い値頃」といいます。 初心者への提言、外国為替FXの基礎知識【2006/10/11 21:50】