商品先物 使える!相場参謀本部ログ 相場のプロ「参謀」を味方につけろ!~その2~
FC2ブログ
プロフィール

エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
相場のプロ「参謀」を味方につけろ!~その2~
相場のプロ「参謀」を味方につけろ!~その2~

こんにちは!

商品先物・外国為替証拠金取引のプロ中のプロが揃った情報サイト「相場参謀本部」。
今回も、売買の意思決定を強力にサポートしてくれるコンテンツをご紹介します。

第1回でご紹介した「戦況分析」で、マーケットの状況を把握したら
次は「これから相場はどう動くのか?」を見極めたいところ。

いわゆる「相場見通し」と称するコンテンツも、情報が氾濫していて「一体どれを信じたらいいの?」
と頭を抱えてしまうほど。しかも、その内容は玉石混交。中には見るたびに言ってることがコロコロ
変わる執筆者もチラホラ・・・。

本当に参考にできるのは、
「客観的なデータに基づいた分析と、豊富な経験に裏付けられた見識」
そこからはじき出された予想こそ、投資家の判断を助けてくれる情報です。

ここでは、「戦略分析」というコンテンツが、そんな要望にズバリと応えてくれます。

ではさっそく
「戦略分析」のコンテンツ【今週の国内戦線】をご覧ください。



☆ .。.:*・゜☆.。.:*・゜☆ .。.:*・゜SAMPLE☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆ .。.:*・゜☆ .。.:*・゜


【今週の国内戦線】 参謀:Dr.Needle

06/04/01 13:24
【戦略】 今週の原油…69ドル台のWトップ突破狙う…Dr.Needle
--------------------------------------------------------------------------------
NY原油は続伸の歩調を持続させていたが、この週末は、月末と四半期末が重なったことか
ら、外資系ファンドが利益出しを必要としたことで、買い玉のポジション調整の動きが強
まり、テクニカルに相場は下落する場面となった。商社の表現を借りると、「Window
Dressing(会計粉飾)による整理商いによるもの」だとしている。この反落により、週明
けの東京マーケットは必然的に下落を強いられることになりそうだが、為替が円安に振れ
るため、下げ幅は限定的になるものと考えられる。更に4月入りになると、NY原油市場は、
整理商いで下がったところで再び買いが入るものと見られ、当面は69ドル台のWトップの高
値突破を狙う動きとなりそうだ。

NY原油期近は、直近安値から上げ下げを繰り返しながらも上昇トレンドを維持し、3分の2
戻り強の反発となり、全値戻りを狙う展開。ただし、目先は、最近の上げが急だったこと
から、いったん65ドルを割り込む展開となることが予想される。買い方ファンドは、いっ
たんポジション調整の動きに出ることが予想されるためだ。しかしこの後は再反騰し、一
気に今年1月の高値69.0ドルと2月の高値69.2ドルをブレイクする展開が予想される。それ
が仮に実現されるとするならば、史上最高値である70ドルの昨年高値は、一つの通過点に
過ぎなくなるだろう。




(参謀:Dr.Needle)

☆ .。.:*・゜☆.。.:*・゜☆ .。.:*・゜SAMPLE☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆ .。.:*・゜☆ .。.:*・゜


どうですか?個人投資家では難しい、こんな海外市場の動きと背景も、キャリア十分の腕利き参謀が
データとともに明快に示してくれます。

「戦略分析」には、他にもいろいろなコンテンツがあります。

◎明日の国内戦線
 概要: 国内市場の分析と予測、戦略。
◎今週の国内戦線
 概要: 国内市場の分析と予測、戦略。
◎参謀たちの直感
 概要: 参謀の直感や推測、憶測、噂、未確認情報などをグローバルな視点で。
◎相場参謀会議   
 概要: 参謀たちによるネット対談。率直な疑問や主張、アイデアをぶつけ合う。
 


次回はいよいよ「いつ・いくらで売り買いすればいいの?」という悩みにズバリ応える
「戦術分析」コンテンツを紹介しますのでお楽しみに!

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sanboblog.blog35.fc2.com/tb.php/3-4c3c3b1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)