商品先物 使える!相場参謀本部ログ 【欧州諜報】為替:メタル下落は世界経済減速の兆候か??
FC2ブログ
プロフィール

エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【欧州諜報】為替:メタル下落は世界経済減速の兆候か??
[07/24 07:06]
先週1週間の間に国際商品相場のほとんどのメタルが大幅に下落し、商品のマーケットレポートで世界的な景気減速見通しを一つの要因として挙げているコメントが目立つようになってきている。銅、アルミ、ニッケル、すず、銀、プラチナ、パラジウムなどが揃って下げると、そうしたコメントに真実味が感じられる。米国経済の軟着陸が期待される中で、足下のメタル相場を世界経済全体の長期的な先行指標として考えてよいものか、筆者は心が揺れている。その理由は、ECBもFRBも夫々の景気の底堅い見通しとして海外経済の堅調さを挙げており、もし本当にエマージング市場でも経済成長が鈍化するとなると、ECBもFRBも金融政策のシナリオが狂ってしまうためだ。

先週金曜のメタルの下落はメタル相場全体の上値が重くなったために、週末控えのポジション調整という解説が一般的で、そうなら金融政策に影響するような問題として特別に重視しなくても良いことになる。また、フィナンシャル・タイムス紙の商品レポートは、欧州と北米を襲っている熱波のために穀物の生産が減るとの見通しを背景に、ヘッジファンドの一部が投資資金をメタルから穀物にスイッチしていると伝えている。特にフランスと英国の小麦価格が大幅に上昇している。熱波により小麦の成熟が早まり、単位あたりの収穫量が減るとの見通しも指摘されている。菜種油も価格が上昇している。また、夫々のメタル相場には個別の要因があり、今の時点で世界経済の動向と直接に結びつけるのは早いかもしれない。例えば、世界の何ヶ所かの銅鉱山でストの可能性が後退する一方、中国の金融引き締めで銅の需要が将来的に緩むとの見方もある。パラジウムでもロシアでの生産見通しが大きな要因になっている。

いずれにしても、産業用メタルの相場がこの間の高い価格水準を維持すると、ユーロ圏も米国も原油価格に加え、原材料価格からのインフレ圧力が収まらないことになる。逆に、しばらくユーロ圏と米国の景気を下支えると見られているエマージング市場経済は、ほとんどが資源に対する旺盛な需要と高水準の価格に頼っているため、メタル価格の下落は夫々の国の経済に影響せざるをえない。ユーロ圏と米国が頼りにしているエマージング諸国でも景気変調が見えはじめると、気味の悪いことになってしまう。これからは原油だけでなくほかの工業用資源の価格動向にも世界経済の先行指標として気配りが必要になりそうだ。さらに、欧米での熱波が穀物生産にどの程度影響するかもインフレ要因として注意する必要があるだろう。最悪のシナリオは米国がスタグフレーションに陥り、これに耐えられずに遂にユーロ圏も追随してしまうパターンだ。

(参謀:第三の男)


もっと記事を読みたい方は・・・

相場参謀本部へ!

(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)
スポンサーサイト

テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sanboblog.blog35.fc2.com/tb.php/270-3a1ba6fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。