商品先物 使える!相場参謀本部ログ 【明日の国内戦線】コーヒー:潜在性=Dr.needle
プロフィール

エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【明日の国内戦線】コーヒー:潜在性=Dr.needle
[07/21 09:39]
相場の見方・判断の仕方は、十人十色だろうが、実践的に、どこで仕掛けるのかは、テクニカルが最も有効性が高いのだが、では…大勢ではどうか…といえば、需給に勝るものはない。断言できる。常に相場は、需給を反映し、需給に回帰する。

それより、更に、大事なものがあると小生は考えている。より大局的な人知を超えた相場の大局である。つまり、マーケット全体が、あるいは、その銘柄の潜在性とでもいうべき動きである。別に語るなら、そのマーケットがどのようにしたいのか…どう動こうかとしているか…またどんな意思を持っているかの見極めである。ここに売りか買いかの分水嶺があるのではあるまいか。

では、例えばコーヒーはどうなのか…となると、消費者はできれば安いコーヒーを飲みたい。生産者は、なるべくコーヒーを高く売りたいと考えるわけで、その鬩ぎ合いが価格を決定する。そこに、更に天候によるコーヒー生産とか、価格メカニズムの作用による消費の動きなどが入ってくるわけだ。

私見ながら、このコーヒー大局は、「風が吹けば桶屋が儲かる」式で、基本的には高いと考えている。これを更に説明するとまた長くなるので、また次回。

(参謀:Dr.Needle)


もっと記事を読みたい方は・・・

相場参謀本部へ!

(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

スポンサーサイト

テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sanboblog.blog35.fc2.com/tb.php/267-81bcacbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。