商品先物 使える!相場参謀本部ログ 【参謀たちの直感】石油輸出ビジネスでのロシアの強腰
FC2ブログ
プロフィール

エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
【参謀たちの直感】石油輸出ビジネスでのロシアの強腰
[07/02 21:54]
「民主主義の不在、エネルギ-資源の輸出で、プ-チン大統領に対する西側政治家の批判は不当なもので、両国にとって有害なものである」と英紙「ガ-デイアン」は30日金曜日に論評。「ロシアで行われるG8サミットまで残すところ2週間であるが、西側のアナリストや政治家は、この国に対し批判の洪水を浴びせかけている。その批判の一部は的をえたものだが、全体として見れば大きな偏見に満ちたものだ。ロシア嫌いが復活した」と同紙。「偏見にリトアニアでのチェ-ニ-米副大統領の演説も満ちたものであった。ロシアに民主主義がないと米副大統領の非難は、コミュニズム崩壊後、米国の最も乱暴な攻撃となった。しかし現実にはこの発言は"ダブル・スタンダ-ド"を示す実例ともなった。たしか、この後、チェ-ニ-副大統領はカザフスタンに行っている。そこでカザフスタン大統領を賞賛しているが、その大統領選挙はあまりにも多くの違反があるものだった」「チェ-ニ-演説は挑発的なもので、ロシアはブッシュ政権とは良好な関係だと考えるべきでないと、モスクワへの警告とも受け取れる」「三つの要因がロシアに対するあたらな否定的な側面である。プ-チン政権の強化、国際舞台におけるロシアの独立性の高まり、石油ガス供給国としての強まるロシアの影響である。自己批判能力のない西側政治家は民主主義が不十分だとしてロシアを攻撃しても、きわめて説得性のないものに見える。対外政策におけるロシアの独自性、まさにこれがあたしいファクタ-だ。まさにそこにプ-チン大統領に対するワシントンの不満の真の原因があるのかもしれない。こうした視点から見ると、チェイニ-氏の雄弁に対するプ-チン大統領の反応がきわめて重要であった。その数日後連邦議会向けのロシア大統領教書で、ロシア大統領はまったく冷静沈着に、米国についてたった三度だけ触れただけである」中略..「ソ連邦の崩壊は米国を世界唯一の帝国主義大国にした。若干の西側政治家や国家はモスクワを上から見下すようになった。あたかも西側がロシアを必要としている以上にロシアが西側を必要としていると考えるようになった。しかし、プ-チン大統領は石油ガスの国際価格の高騰で膨大な利益を得て、こうした態度は正しくないと誇示している。"多極世界"の積極的支持者であるプ-チン大統領は、ロシアとワシントンとの関係は最も優先的なものとは考えていない。明らかにブッシュ政権がイラン問題でロシアに支援を頼みこむと、プ-チン大統領は満足な気分になっている」「エネルギ-資源の輸出、これはロシアの新しい力だ。しかし、ロシアが無責任にこの力を利用することなないだろう。エネルギ-を売るには購入者が必要である。最大供給国であるロシアは、一つの購入国で独占されることには懸念している。これは西側消費国が一つの供給国による独占に懸念していることと同じことだ。ロシアにとって、中国、日本、インドなどで新たなクライアントを見つけ出すことや、英国その他EU諸国のエネルギ-販売会社の株式を購入することは直接、商業的意味がある」と同紙論評。
  
(参謀:Dr.Watson)
スポンサーサイト




テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sanboblog.blog35.fc2.com/tb.php/239-10c60031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)