商品先物 使える!相場参謀本部ログ 【今週の国内戦線】東京金:有事の金買い
FC2ブログ
プロフィール

エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
【今週の国内戦線】東京金:有事の金買い
NY金は550ドル台まで下げ、そこで、いったん下げ止まり、自律反発の動きに入ってきた。さすがに下げ過ぎ感が広がって、反発の様相である。まだ600ドルを回復するまでには至っていないものの、今後も少しずつ下値を切り上げ、600ドルを通過点として、当面は心理的な節目である650ドルを目標にして上昇してゆく可能性が出てきた。

この結果、東京金も6/15の直近安値2079円から出直る歩調である。

これまで金相場が大きく下落したのは、米FRBの利上げ路線が打ち止めされるのではなく、当面も継続されてあと0.5%ほどは利上げが続くとの見方が強まったことが背景にある。利上げにより、商品市場や株式市場から流動性資本が失われ、債券市場などにシフトされる流れが強まったためである。しかし相場の急落は収束しつつあり、2000円割れを回避、当面は大幅に下落した分の半値戻り、具体的には250円前後までの反発が期待できる。

金相場上昇のシナリオとして、強気の材料が必要となるわけだが、最大の事由は、やはり地政学上のリスクだろう。イランの核開発問題が底流しているため、原油との共通要因として潜在化していることも言うに及ぶまい。更に、ここにきて北朝鮮がミサイル発射の準備を進めているなど不穏な動きである。極東地域だけではなく、北米をも巻き込む国際的な問題へと発展してきており、再び「有事の金買い」の動きが活発化する可能性は高いと見ることができる。


(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・

相場参謀本部へ!

(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)
スポンサーサイト




テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sanboblog.blog35.fc2.com/tb.php/230-4cc9437b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)