商品先物 使える!相場参謀本部ログ 【戦略】 東京ガソリン6月限納会を振り返る
FC2ブログ
プロフィール

エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
【戦略】 東京ガソリン6月限納会を振り返る
【参謀たちの直感】 参謀:Dr.Watson

06/05/30 07:01
【戦略】 東京ガソリン6月限納会を振り返る...Dr.Watson
--------------------------------------------------------------------------------

東京ガソリン6月限納会は前日比880円高の6万8150円で限月落ち。帳入れ後も6万8200円と前日比9300円高まで続伸。受渡枚数は実に1174枚にまで及んだ。

この時期、国内石油業者のトッパー稼動停止率が25%前後にまで拡大しており、京浜海上出荷分ではガソリンの出物が異常に少なくタイト感が強い。外資系元売りからの出物が特に限られている状況にあって、民族系元売りとしても自社不足分の調達が難しい状況にまで陥ってきている。

そうしたなか行なわれた当限6月限納会では、阪和興業、丸紅、三菱商事、三井物産渡しの一方、出光興産向けとみられる住友商事の受け622枚、ジャパンエナジー向けとみられる伊藤忠商事の受け266枚が目をひいた。其の他受け手では三菱商事石油、太陽石油といったところであったとみられる。5月後半のトッパー停止率は24%と今年最大となっている。

このため、渡しモノになるよう浮動玉が薄く、こうした事情は(海上出荷に限れば)国内出荷よりも海外への輸出を優先している外資系元売りにもいえること。仮需が出たとしても実際に供給できる量は少ないと予想される。そして、受渡時期の6月末にはまだ20%近い停止率にあるとあってか、この日の受渡内容(当方推計)は、富士石油を手放したジャパンエナジーや、出光興産向けと見られる受けや、太陽石油といった受けがみられた。さらには、足元の京浜海上業転市場において、コスモ石油千葉製油所出しが先般の事故でガソリンが非常に出難い形となっていたまま定修ピークへと突入したとあって受け手が増加したとみられる。

(参謀:Dr.Watson)


もっと記事を読みたい方は…

相場参謀本部へ!

(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

スポンサーサイト




テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sanboblog.blog35.fc2.com/tb.php/160-de2a34a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)