商品先物 使える!相場参謀本部ログ 2007年10月
プロフィール

エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後場注目:ゴムの売り=伊藤
本日後場は、東京ゴム08年4月限の売りに注目します。売りのポイントは後場寄りで、損切りの目安を10月29日の高値300円へ設定します。300円は弱気の見方が正しければ超えない地点という意味です。後場に価格が下げるなら、13時までにつける戻り高値が本日の最高値になる可能性があります。後場寄り後、価格にはんきりとした弱気の流れができたら、損切りの目安をその前につけた戻り高値へ変更します。
東京ゴム先限の本日前場の下げは、その下げ幅の大きさから、9月12日以降の上昇途中の調整と同程度の調整と見え難い動きです。現状では9月7日~12日と同程度の調整か、上げ幅全体の修正という見方ができます。だとすれば、本日は10月29日の高値300円を前に上値を抑えられる可能性が大きいと言えます。
本日は、前場の安値以下への下げ余地があるので、前場でつけた大陽線のまま引ける動きにならず(そうなると、前場の安値が強い支持になってしまい、その後の一段安を考え難くなります)、後場が再び下値を試す動きになる公算が大きいと言えます。

東京プラチナ先限は、昨日の下げで弱気の流れを確認したばかりであることから、目先、支持5114円を試す動きになる可能性があります。本日前場の安値が強い支持になる可能性もありますが、前場の上げは下値堅さを示す動き(1日の中で急落後の急反発)になっていないので、始値で空けたギャップを埋めるだけの動きで終わるという見方もできます。
後場は、強気なら、引けにかけて前場の高値を大幅に上回る上げ場面になる、弱気なら、後場寄り後、すぐに上値を抑えられるという見方ができます。


(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

スポンサーサイト

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

アラビカコーヒー:安値切り上げで再び上値追いか=松下
○東京金 ポイント=高値 2,943円(29日高値)
陽線にて窓を空けて高値更新、売り方の踏みも入る相場つき。
買い方は利益を伸ばす、売りはいまだチャンス無し。
売り場を待つのは面白い。


○東京ガソリン ポイント=高値 74,980円(29日高値)
場中上値追いも引けにかけて売られて、長い上髭をつける。
踏み上げを巻き込んでの相場つきか。貴金属同様、売り場を待つのは
面白い。


○東京ゴム ポイント=高値 300.0円(29日高値)
陽線にて高値更新。予想より早く、年初来の5月までの持ち合い相場の
高値を上放れ完成。
一旦高値達成感もあり、調整も考えられるが、その後、本格上昇が待つのでは
ないか。
益々面白くなってきた。


○東京一般大豆 ポイント=安値 57,710円(29日安値) 
同値圏で小動き、他の商品相場が堅調な一方で高値一杯か。
ここから安値切り下げとなれば、一旦大幅調整もある。
安値切り下げは売り。


○東京アラビカコーヒー ポイント=安値 23,020円(26日安値)
場中上値追いも、引けにかけて売られて陰線引け。
一旦底値を切り上げれば、再度アップトレンドを形成し、上値追いに
戻る可能性もある。
安値切り上げを確認して、買ってみたい。

(参謀:松下誠)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

後場注目:ゴムの売り=伊藤
本日後場は、東京ゴム08年4月限の売りに注目します。売りのポイントは後場寄りで、損切りの目安を298.5円へ設定します。298.5円は以前の戻り高値です。このあたりを前に上値重く推移する可能性があることから、298.5円に設定していますが、弱気の見方が正しければ、後場寄り後、13時までにつける高値が本日の最高値になると考えられます。そのため、13時までにつける戻り高値を見極めて、それを損切りの目安へ設定して下さい。
東京ゴム先限は、本日の価格が下げると、終値と25日移動平均線との乖離線が逆行現象の弱気サインを出しています。以前は乖離線が21.34円で反転下降していますが、20円以上の水準は、非常に勢いの強い場面でたまに現れる水準です。このような地点から反転して逆行現象の弱気サインをつける可能性のある状態に位置しているので、後場はそうなるかどうかに注目したい場面だと言えます。

東京プラチナ先限は、最近の動きが目先の天井型を形成中か、新たな上昇局面のどちらかの可能性があります。弱気パターンになる場合、後場は前場の高値付近が強い抵抗になって、上値重く推移する展開が予想できます。強気のパターンになる場合、前場の価格の上放れにより、上昇の勢いを示したことに加えて、前場に下値を試してから反発したことで、下値堅さを確認していることから、後場は上昇が勢いづく可能性があります。
後場は、寄り付き後、すぐに下値を試す動きになれば弱気、すぐに前場の高値を上抜く展開になれば強気の流れになると予想できます。

(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)


テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ガソリン…ストレートに75000円まで上げる?
昨日、暴騰していたガソリンは、今日も一段上げは必至である。先限は、一気に7万円を突破、史上最高値の更新も必至である。こまののストレートに75000円付近まで上げるような気配。

とにもかくにもWTI原油が強すぎる。このあたりで上げ一服するのであればなんとか売り方も一息つけるのだろうが、異常な上げ方に、バンザイなのである。

買い方は、逆に、鼻息荒く、このままWTI原油は100ドルを突破すると見ているのだろうし、その主張は、けっこう現実のものになっている。WTI原油は株式がダメになっているので、カルパースなど年金基金が石油買いに走っている印象である。


(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

原油…ドル安でまた高い展開…Dr.needle
原油はまた上げましたね。原油独自の材料はなく、あくまで外部要因=ドル安に支援されたもの。

昨日のNY為替は、米サブプライム問題の悪化再懸念によって利下げ観測強まった。これを受け113.81円。一段とドルは下落しているのである。

いずれにしても、下げたところは、ヘッジファンドが買ってくる。更に、素人のくせに、金でブイブイ言わすことのできるカルパースなど欧米の年金基金の連中が、むやみやたらと買ってくる。これではどうにもできない。本当に、ゴールドマンサックスの105ドルが現実となってきそうで怖いのである。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

トウモロコシ…一段と買われてくる展開を期待…Dr.needle
穀物は波乱してきた。大豆は、これまでの上げ過ぎの反動で上値をコレクションする場面。急落である。その一方、小麦は暴騰してストップ高。期近は9ドル接近の展開である。

その狭間の中でトウモロコシは小幅高。精彩に欠けている。ただようやく目先の底入れ感が広がって買い人気が主導してきた。十分に下げたとの判断の下、今後は一段と買われてくる可能性がある。

まぁ いずれにしても中長期的には上げ相場の銘柄だと見ている。

(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金…いったい誰が儲かっているのだろうか?…Dr.needle
はっきり いって、こんな情勢の中というか、こんな相場の予想を言っているのがバカらしくなるし、また予想を唱えるだけ、人様からはバカだと見られるのであろう。

我々は、一応アナリストということになっており、予想屋ではないのだが、予想なくしてアナリストもアメジストでも、ましてやアマリリスでもないわけで、どう転んでもバカみたいなのである。

ただ、RSI(相対力指数)が80近くなり、買い越しが買い最大の20万枚となり、相場は連騰で記録的な長期上げとなっている中、修正がくると考えるのは自然だといえる。

ただそれも予想は予想であり、確率が高いというだけの話しであり、現実の相場は上げ続けているのである。

しかし、商社がやられ、外資系ファンドも死んで、一般投資家も損をして、いったい、誰が儲かっているのだろうか?

(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金リースレートの大幅な引き上げ問題について…Dr.needle
いま kitokoの数値データも照合しているのだが、確かに、今日から、いきなりリースレートが高くなっている。しかも、古いデータまで改ざん(失礼、修正です)されている。

理由は分からないが、どこの機関店も混乱しているようだ。0.1%がせいぜいだった金リースレートがいきなりの0.21(1カ月)、3カ月などは0.3まで上げているのだ。

しかも少し前のデータまで改ざんされているとあって、関係者は混乱している。勿論、データ出所はkitkoであるが、それをロイターなどが流しているため、どこのデータもいきなり高くなってしまっている。

理由はいま問い合わせ中だが、最近の相場の上げに追随させたのであろうか?

(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金…700ドル以上はバブル…Dr.needle
せっかくですので、有名なトレーダーの方からいただいたコメントを掲載させていただきます。

「足元の金マーケットは行き過ぎ。せいぜい上昇しても750ドル近辺あたりが限界と見ている。必ず一度は相場が下がらないと投機的な買いが膨らみ過ぎている。700ドル以上は完全にバブル。行き過ぎであることは明らか。実力はせいぜい660~680ドル」

…ということのようです。ハイ。

なお買われすぎについては、CFTCの建玉明細から明らか。近年の買い越しの過去最高は2005年10月の17万枚台でしたが、今年9月の時点で再び17万枚に達し、過去最高に匹敵する水準に。そして最新の10月9日現在は19万0696枚を記録して過去最高を塗り替えるに至っているのであります。

(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

粗糖:まだまだここから上昇する=松下
○東京金 ポイント=高値 2,883円(15日高値)
陽線にて高値更新、青天井相場が続く。もはや新規に買いも、売りも仕掛けるポイントではない。買い方の相場。


○東京ガソリン ポイント=安値 68,080円(15日安値)
陰線にて高値・安値切り下げ、市場は短期的な弱気に傾きつつある。調整となれば上昇に対して相応の値幅となる。買い方も利食い局面か。


○東京ゴム ポイント=高値 278.6円(15日高値)
陽線にて高値切り上げ、堅調相場が続く。高値圏にあることには変わりなく、調整を考えながらの上昇相場。次の調整では一部利食いもあり。


○東京小豆 ポイント=高値 8,540円(15日高値)
陽線にて高値切り上げ、再度上昇トレンドに戻る。目先的に8/21安値からアップトレンドへと転換しており、今後大きなトレンド転換の可能性もある。しっかり買ってみたい。


○東京粗糖 ポイント=高値 30,750円(15日高値)
陽線にて高値切り上げ、アップトレンドのサイクルを大きくした。小豆同様に大きなトレンド転換の可能性があり、その分買いに楽しみがある。ここから上げる。


(参謀:松下誠)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金…700ドル以上はバブルの状態…Dr.needle
原油以上に疑問なのが金。ただ、この金に関しては、間違いなく下がるという確信はある。僕だけの確信だが…。

まず買われ過ぎだということ。先週末時点の17万枚の買い越しは過去最高圏だった。そこでピークかと見ていたのだが、今週末はなんと19万枚と一段と増えた。明らかに買い増しされているわけで、今後の急激な反対売買が予想される。

それと、700ドル以上では実需がついていっていないという事実である。インドもドバイもパッタリと引き合いが無いと聞く。つまり、700ドル以上はバブルなのである。

(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

後場注目:ゴムの売り=伊藤
本日後場は、東京ゴム08年3月限の売りに注目します。売りのポイントは後場寄りで、損切りの目安を前場の下げ過程でつけた抵抗273.9円へ設定します。273.9円は強弱の分岐点になっている地点ではありません。ただ、後場に下げ幅が大きくなるという弱気パターンになるなら、前引け前の反発は、後場寄り後、すぐに上値を抑えられるはずです。今回は273.9円という値位置にこだわるのではなく、後場寄り後、13時までに上値を抑えられたら、その地点を損切りの目安に設定します。
東京ゴム先限は、前場の足型が弱気の抱き線のパターンなっています。このような形は8月22日以降の上昇局面で現れていないので、本日後場に上値重く推移して、足型が弱気の抱き線となるなら、10月12日の高値がこれまでの上昇の終点になるという可能性が出てきます。そういう展開になるなら、本日後場は下げ幅が大きくなって、足型が大陰線になるパターンも十分に考えられます。一方で、本日後場が下値堅く推移して、終値が前日の始値272.5円以上になるなら、その時点では基調の強さを再確認します。

東京プラチナ先限は、上昇の勢いの強さを再確認したばかりです。本日前場の下げは始値で開けたをギャップ埋めるクセの動きだという見方ができます。だとすれば、後場は前場の安値付近が支持になって上昇を開始すると考えられます。
注意したい点では、後場寄り後、すぐに価格が下げて、前場の安値を下回る場合です。東京プラチナ先限の終値と25日移動平均線との乖離線は、目先反転すると、10月2日以降の値動きが逆行現象の弱気サインをつけそうな状況になっています。目先は価格の下げが動意づくと、一気に下げ幅を拡大する可能性のあります。

(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ガソリン:調整入りもあるのか=松下
○東京金 ポイント=安値 2,773円(9日安値)
同値圏での調整も陰線引け。前回高値から一旦下落してのこの値位置は注意したい。ここから安値切り下げとなれば、ニ番天井切り下げとなり、調整入りの可能性が出てくる。安値の推移に注目したい。


○東京ガソリン ポイント=安値 65,070円(10/2安値)
陰線にて安値切り下げ、前回安値10/2 65,070円に迫る下落。同安値を更新すれば短期的にダウ理論での高値・安値切り下げでダウントレンド完成、養成入りが疑われる。下落では一旦売りもあり。


○東京ゴム ポイント=高値 266.9円(5日高値)
陽線にて同値圏で推移、高値を維持している。地合いはまだまだしっかりしているようであり、値位置を切り上げる展開か。チャンスは安値からの反発のタイミング。


○東京とうもろこし ポイント=高値 29,570円(9日高値) 
陽線にて高値切り上げ、反発地合いが続く。高値を切り上げている間は堅調な地合いと判断できる。今後の注目は、調整入りしたときの安値切り下げの展開。短期的なトレンドに注目したい。


○東京粗糖 ポイント=安値 29,700円(9日安値)
同値圏で動意を欠く値動き。安値29,700円は10月2日安値、5日安値に続き、安値面合わせの展開。ここで安値を固めるのか、それとも再度下値を探るのか。安値切り下げは買いのチャンスもある。

(参謀:松下誠)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

原油…テクニカル指標は全て売り指示…Dr.needle
週明けのWTI原油は暴落した。期近は2ドル以上の下落。ドル上昇を受けて、ドル先安観に伴い代替投資先として高まっていた投資魅力が薄れることで買い方の手仕舞いなど売りが先行したことが背景。

製油精製会社が夏のドライブシーズン終了後に製油所の定期修理を実施するため例年10月の原油需要が減少、在庫量が増加するとの観測も売り材料となりった。期近は約1ヶ月ぶりの安値78.40ドルまで下落を許し、79.02ドル(先週末比-2.20ドル)で取引を終えた。

チャートは、9/26の安値78.45ドルを割り込んだことでダブルトップを形成。9/20の日中高値83.90ドルが当面の高値として意識されると共に先安観が強まってきた。テクニカル指標は短期のウィリアムズ%R(短期売買用オシレーター分析)を含めて全て売り指示である。


(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

トウモロコシ…5日続落で3.41ドルまで後退…Dr.needle
昨日のシカゴ市場 トウモロコシ期近は一時3.41ドルまで後退する場面。一時は4ドル突破かとも見られる状況だったが、一気に0.5ドル近くも下げた。

ただ、この下落で、ほぼ罫線上のギャップを埋めることとなり、そろそろ底入れが間近になってきたと見られる。

しかも豊作に対するマーケットの織り込みがほとんど一巡したと見られることも先高感を誘う。まだ完璧に楽観視するには難しい情勢ではあるが、仮にこの週末まだ下がるのであればチャンスと受け止めたい。

(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金:一旦大きな調整へ=松下
○東京金 ポイント=安値 2,758円(2日安値)
高寄りも引けにかけて売られての大陰線引け、一旦利食いの足型。NY市場も続けて下落しており、明日(3日)の国内市場の続落が想定される。最高値でのこの下落なので、一旦大幅調整に動く可能性は充分あり、相場次第では次なる高値トライがいつになるかは難しい。まずは利益確定から、新規売りの検討。


○東京ガソリン ポイント=安値 65,070円(2日安値)
3日連続での陰線での大幅安。この3日で高値68,380円から安値まで3,310円を下げており、大きな調整となっている。次の問題は一旦下げが止まった後の相場の動きである。大幅調整も視野に入れて、今後の値動きに注目したい。更なる調整に準備。


○東京ゴム ポイント=高値 262.4円(9/28高値)
陽線にて高値切り上げ、反発開始か。全般的に商品市場そのものに、調整ムードが出てきているが、ゴムに関しては独自の相場を形成している。上げていくようであれば買い。


○東京とうもろこし ポイント=安値 29,020円(2日安値)
陰線にて大幅続落、大きな調整に入った。問題はまずいつどこで止まるのか。まだまだ調整は続きそうなので、次の買いに備えたい。


○東京粗糖 ポイント=安値 29,700円(2日安値)
陰線にて安値切り下げ、調整が続く。ただし、この調整の終了時期と値位置によっては買いのチャンスが来る。チャンスを待ちたい。

(参謀:松下誠)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

原油…ここからは安い?…Dr.needle
商品のすばらしさは、時間的な優位が一番。負けても買っても早い。だから、買ったときの喜びはデカイ。逆にやられたときの痛手は途方も無く、夜も眠れぬのだ。

それと、売りも買いもできること。勿論、株にも225の証拠金取引はあるが、商品ほど進化していない。まだ実験的な段階なのだ。

最後に、インサイダー取引が一応は可能だということである。ただしこれは、商品が限られること、それと100%確かなイインサイダー取引は無い=不可能だということだ。

前置きが長くなって申し訳ない。原油はここからが本格的な下げになると見ているが、それも、そう思う…というだけことであり、また確率的にそうなることが高い…ということなので、言い切ることはできない。

(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。