商品先物 使える!相場参謀本部ログ 2007年08月
プロフィール

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラビカコーヒー:持ち合い形成なら放れを待つ=松下
○東京金 ポイント=高値 2,526円(27日高値)
陰線引けながら窓を空けての高値・安値切り上げ、再度上値追いへ。昨日(29比)の安値で、17日安値より切り上げにて二番底完成、徐々に上昇の圧力が強くなる。前回高値27日 2,526円更新でアップトレンド完成、更に上昇がかそくする。買って行きたいポイント。


○東京灯油 ポイント=高値 59,440円(30日高値)
陰線引けながら高値切り上げ、日柄的には充分反発の可能性はある。一旦反発すれば、充分買いのチャンスはある。買いのタイミングを探す。


○東京ゴム ポイント=高値 247.1円(30日高値)
陰線引けながら前回高値28日245.4円更新、堅調に戻している。問題は戻り売りの強さ。中期的にはダウントレンドであり、その影響がどの程度出るのかを確認したい。まずは売り場探しか。


○東京とうもろこし ポイント=安値 26,250円(8/17安値)
陰線にて安値切り下げ、調整が続く。この下落は底値を探りに行く展開になっており、問題は前回安値17日26,250円を更新するか否か。安値更新なら、手出し無し、逆に安値切り上げなら買いを続ける。


○東京アラビカコーヒー ポイント=安値 21,550円(28日安値)
陰線にて同値圏で推移、底値を探る展開。週足で見ると、持ち合い相場のようであり、この値位置から反発するようであれば、益々その可能性が高くなる。持ち合うようであれば、放れを待ちたい。

(参謀:松下誠)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

スポンサーサイト

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ガソリン:ここから反発相場に戻るか=松下
○東京銀 ポイント=安値 426.2円(22日安値)
窓を空けての高値・安値切り下げで、調整。目先的に22日安値426.2円で底入れした感があり、今後安値切り上げを見せるなら、買いのチャンスもある。次の安値からの反発に注目。

○東京ガソリン ポイント=高値 59,210円(28日高値)
昨日(27日)の引けにかけての相場の強さが気になっていたが、それが反映されるような、本日(28日)の足型となった。一旦底入れから、反発相場へと移るのか。

○東京ゴム ポイント=高値 245.4円(28日高値)
陽線にて高値・安値切り上げ、反発開始。まずは安値切り上げを確認してから、買いに入りたい。

○東京小豆 ポイント=高値 8,100円(28日高値) 
安値切り上げも完成し、堅調な足型を見せている。長期的に見てもここからの反発は面白い形となる。買い場を探す。

○東京粗糖 ポイント=高値 29,110円(28日高値)
陽線にて高値・安値切り上げ、徐々に値位置を上げてきている。こちらも反発相場入りか。次の調整後の安値切り上げを買うのは、面白い。
(参謀:松下誠)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

後場注目:プラチナの買い=伊藤

本日後場は、東京プラチナ08年6月限の買いに注目します。買いのポイントは4610円以下で、損切りの目安を本日の始値4599円へ設定します。4610円は強弱の節目になっているポイントではありません。4610円は、本日の価格が強気に推移するなら、後場は始値を下抜かないと考えられるので、後場寄り後、価格が下げても、4610円程度で止まるだろうという地点です。後場寄り後、価格が下げるなら、1時30分くらいまでにつける押し目を損切りの目安として、買いを入れるというように考えてください。
東京プラチナ先限は、昨日価格が上放れたことで、目先の基調の強さを確認する格好になっています。本日は、価格が下げても強い反落サインをつけないので、本日の価格も下値堅く推移する可能性があります。本日後場は、前場の上昇の流れを継続するか、いったん下値を試した後に上昇を開始するかのどちらかの展開になるという見方ができます。

東京ゴム08年1月限は、昨日、抵抗239.9円を上抜いたことで、目先的な基調の強さを示しています。ただ、東京ゴムは一定の流れができる場面で、ギャップを開けて流れの変化を示すクセのある銘柄です。最近の値動きにはっきりとしたギャップが現れていないので、本日は価格がいったん239.9円付近まで上値を抑えられて、明日以降、上放れる展開になるという見方もできます。
目先の基調を強気だと見るなら、本日の後場に上値を抑えられた場面で押し目買いが有効です。ただ、この買いは明日、価格が下げるならすぐに手仕舞いします。
(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

※相場参謀本部では上記記事の解説チャートを掲載しております。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

後場注目:プラチナの買い=伊藤
本日後場は、東京プラチナ08年6月限の買いに注目します。買いのポイントは4580円以下で、損切りの目安を24日の終値4564円へ設定します。
東京プラチナ先限は、本日前場に価格が上放れたことで、目先的名基調の強さを示しています。上放れた後に価格が下降していますが、この下げはギャップを一時的に埋めるクセのような値動きである可能性があります。だとすれば、後場は価格が反発へ転じるはずです。4580円はこの辺りで反発するだろうという目安に過ぎません。後場寄り後、13時40分までにつける安値を損切りの目安に設定して、後場は押し目を拾いたい場面です。

東京ゴム先限は、目先、8月24日の高値、安値を抜けた方へ動意づく可能性があります。前場の反発で24日の高値へ接近しているので、今のところやや強気有利な状態だと見ることができます。

(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

「NY金」について=supermoney
NY金を見てみる。


現在は8/16の651.6ドルから6日間で28ドルの上げを演じその8/16に急落して下げた分をようやく取り返した感じとなっている。

651.6ドルまで下げた時に一時6/27の653.5ドルを下回ったにも関わらず引けでは658ドルまで回復したことが好感されたのだと思うが、ここに来てやや上値抵抗の存在が気になるところにきている。


まず7/24の701.0ドルと8/10の687.4ドルを結んだダウントレンドに触れてきたこと、そして6/27の653.5ドルと7/26の665.3ドルを結んだブレイク済みのアップトレンドによるレジスタンスの確認作業が行われているようにも見える。

ここら辺は基準線や雲の下限も近いので何かと抵抗を感じやすいように思うのだが。


指数では%Rは80%を超えてきており短期的な警戒感が出ている。
中期的にはシグナルラインは右肩下がり、ROCもゼロラインを上回っていないのでやや戻り売りが有利と見える。


今晩が下がってくるようだとまた売りが有利になってくるのでは?

(参謀:supermoney)


もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

※相場参謀本部では、上記記事の解説チャートがご覧いただけます。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ゴム…うわっクレデイ買いすぎ…Dr.needle
ゴムは、純粋に内部要因だけで見るとヤバイ印象。いつもは万年売り屋の岡地が4000枚近くも買い越しになっている。これは異常シグナル。

それより怖いのはファンドの売り。クレディが5000枚オーバーの大量売り。ちょっと やり過ぎである。これだけ先行きのショートカバーによる相場の反騰は明らか。ゆくゆくは岡地など買い屋の勝ちとなりそうな雲行きである。

産地も降雨でタッピングのできない情勢が続いている模様であり、定期の逆ザヤ向かいは続くものと見られる。ただ既に中部は10円超の逆ザヤだけどね。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

大豆…Wボトム形成でここから反騰か…Dr.needle
シカゴ大豆は3日続伸した。この間、期近は約30¢上げである。この2日間は連日の2桁上げである。まだしばらく上値の調整期が続くのかなぁ、と見ていたのだが、予想外に地合いは強い。

しかも今年6月と先週の2度の8ドル割れとなった瞬間的な安値でWトップが形成され、相場地合いは強さが戻ってきたと見られる。再び9ドルを意識した展開が期待できる。なんにしても、トウモロコシがそうであるように、小麦の高騰にサポートされている。なお小麦は周知のとおり11年ぶりの高値である。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

プラチナ…買い妙味はどこにも無い…Dr.needle
一番、ベースメタルに近い銀から下げている。銀は鮮明な下落場面となっており、一時は14ドル台だった相場がいまは12ドル割れ。今後は11ドルを割り込んでくる可能性も否定することができない。LMEでは、ニッケルも銅も大暴落となっていることから、やはり非鉄に近いところにある銀は売られる宿命にあったということなのであろう。

この一方、プラチナは下げない。むしろ、このところ堅調な推移なのである。貴金属の中でも銀以上に需給は悪いと見られるのにかかわらず。

これは、下げたところで思惑の買いが耐えないことにあるのだろう。どこにプラチナに買い妙味があるのか不思議だが、センチメントとして強気が底流している。しかしファンダメンタルズの実態は悪化の一方だ。買える要素は無い。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)


テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

トウモロコシ…小麦の持続的な上げに連動…Dr.needle
トウモロコシは3日続伸なのである。先週末から。この間、例のサブプライムローン問題が浮上して株と商品は全面安となった。影響が出たのは先週木曜日だけ。それ以降は少しずつ下値を切り上げる展開である。

はっきり言って、トウモロコシが自力で上げている印象は薄く、小麦高に引っ張られて連動高になっていると見られる場面だ。この小麦は綺麗な右肩上がりの展開。今年4月には4ドルまで下げていたのだが、最近の大幅上昇で7ドルを突破する値位置まで続伸している。

あらためて需給の逼迫感が台頭していると同時に、それによる相場の高騰が持続的であることが好感される。正直、素材商品売り、穀物買いの基本的なスタンスは崩したくない。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

トウモロコシ…Wボトムで目先は堅調な展開続く…Dr.needle
シカゴ市場のトウモロコシは続伸である。例の世界同時株安の際にも下げ幅は限定的だった。しかも、そのタイミングでつけた瞬間的な安値326¢と、7月中旬の安値とでWボトムとなったことから、目先はこのまま続伸していくとの期待がかけられる。

ただ、なんとも相場の先行きが見極め難しいこと、天候相場継続で、先読みができにくいことなどから、相場観をしっかり持つことができない。穀物相場の宿命だが、それは、近年の原油相場も同じような側面を持つが、ファンダメンタルズが見えにくい点も穀物相場にとっては弱点である。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

銀…はっきりとしたダウン・トレンド…Dr.needle
はっきりいって、金はまだ先行き不透明だ。強気とも弱気とも取れる。一方、プラチナは需給ファンダメンタルズからすると先安と見られるが、予想外に下げ渋る展開である。

このような状況の中、トレンドがはっきりしてきているのが銀である。テクニカルでも昨年4月と今年2月の14ドル超の高値でWトップを形成、大勢トレンドは完璧に下向きである。

特にこの8月に入ってからは13ドル付近から一気に12ドル割れとなり、11ドルすら割り込んできそうな雲行きである。まさに、非鉄トレンドと酷似してきた。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

商品全般:本当に下げなのか?=松下
○東京金 ポイント=安値 2,389円(17日安値)
窓を空けての急落、相場の崩壊を思わせる下落になった。ただし17日のNY市場は反発しており、20日の国内市場も反発して来る。
ここで、サイクルを見ると、ちょうどサイクルの転換のタイミングであり、これはひょっとすると今回の強烈な下げが、ダマシに変わる可能性さえある。
反発に注目したい。


○東京ガソリン ポイント=安値 56,980円(17日安値)
貴金属同様続落、相場は一気に崩壊した。しかし、こちらも17日のNYは反発している。気を取り直して買い場を探したい。


○東京ゴム ポイント=安値 233.6円(17日安値)
商品前面安の17日、ゴムも陰線にて安値切り下げ。ダウントレンドに間違いはないので、まずは様子見、今後のトレンドに注目したい。


○東京とうもろこし ポイント=安値 26,250円(17日安値)
こちらも急落、拡大ストップ安近くまで売り込まれる。問題は今のコーンが本当に売りなのかどうか。サイクル的には、まだまだここからの反発はある。


○東京アラビカコーヒー ポイント=安値 21,820円(17日安値)
NY市場の急落と、円高にてストップ安張り付き。一旦買いを手仕舞うポイントだが、この張り付きで手仕舞いも叶わず。
ただし、17日のNYが反発しており、今後このNYの値動きを見てみたい。NYの月足を見る限りは、買って行きたいのだが。
(参謀:松下誠)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

プラチナ…これから顕著に下げていく…Dr.needle
プラチナ市場は、他商品高に支援されて反発したが、はっきり言って予想外。白金だけは独走して下落すると見ていた。

8月に入ると、プラチナ市場は弱材料ばかりが目立ち、週を重ねるごとに地合いを崩す展開である。7月最終週には「日産ショック」が市場を席巻し、8月入り早々には南アの鉱山ストが解決され、更に、先週は世界同時株安でその余波が商品市場にも及んで、中でもプラチナは他の銘柄より大きく値下がりした。折りしも、急速に需給が悪化していたところに、NY市場でファンドの買い越しが大量に抱えられていたことから内部要因からも大量の売りが誘われた。

しかし下落の動きはまだ始まったばかり。これから顕著に下げると期待している。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金…超重要な640ドルは死守できるのか…Dr.needle
はっきり言って、当然の流れだといえるのではないでしょうか?原油安、プラチナ安の一連の流れだとか、為替要因とか、そんなんじゃなくて、世界的な金融不安から、投資関連は一斉に売られる宿命にある。

金も当然例外ではなくて、これまで実力以上に高値を維持してきたので、修正の場面を迎えてきたということなのであろう。

ここから更に下げが加速される可能性があるため、買い方は要注意である。超重要な640ドルを割り込んだ場合、一気に値崩れする可能性はある。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

原油…長大陰線になる可能性がある…Dr.needle
ほんと、お盆休暇なんてブッ飛び状態のニューヨークの下げである。株価は一時暴落となり、為替もキチガイのような円高である。こうした中、原油も大きく売られた。

期近は2.33ドルの71.00ドル。明日にも70ドルわ割り込みそうな勢いだ。なんか、去年2006年の夏以降、更に2005年の同じ夏以降の相場の大暴落を彷彿とさせるような長大陰線に及びそうな雲行きなのである。

ほんと、昨日の上昇は、絶好の売り場と見たが、今のところはシナリオに近い。この先、必ずしも予想どおり続落していくのかどうかは分からないが、少なくともこれまでのような強気優勢の情勢からはムードが変わっていきそうだ。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

トウモロコシ…小麦の急騰にサポートされて小幅下げ…Dr.needle
なにがなんだか?の展開の穀物である。大豆は前述のとおり急落しているのだが、小麦は逆に急伸なのである。まったく訳が分からない。

天候に関しては弱材料。フリーズ・ノーティスによると、今後10日間、コーンベルト全体にまとまった雨が降るとしている。雨量は25~75mmリとなり、局地的に125~150mmに達する。今週後半から気温は低下し、コーンベルト東部では最高気温21~26℃の日が数日続くと予想している。この予想からすると、クール&ウエットであり、あまり強気にはなれない。

こうした中、小麦だけは急騰。トウモロコシの下落を抑制した格好である。

(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

プラチナ…いい感じに下げている…Dr.needle
いま 密かなブームとなっているプラチナ売り。今日もいい感じで下げている。昨日のNYは10ドル下げ、今日のロコ・ロンドン現物も10ドル下げで9時現在1266ドル。ここから更にズルっといつて欲しい相場である。

先行指標としてニッケルを見ているが、既に高値から半値押し近くになっている(5万ドルから現在2万5000ドル)。このパターンをプラチナに見ている。
(参謀:Dr.Needle)


もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

トウモロコシ…数字のマジックで在庫率は下がる…Dr.needle
10日に米農務省が発表した穀物需給見通しによると、先に結論から述べると07/08年度の期末在庫は前月よりも1400万Bu増加して15億1600万Buとなった。しかしながら、消費が上方修正されたことによって数字上のマジックが起こり、在庫率は逆にダウンして、前月の12.0%から11.9%へと下方修正された。なお、肝心の生産は130億5400万Buで2億1400万Buの上方修正、単収も前月より2.5万Bu上方修正されて152.8Buとされた。やはり天候は懸念されていたほど悪くは無く、作柄も考えられていたよりもダメージは受けていないという結果である。なお期末在庫の事前予想の平均が15億1100万Buであったことからすると、ほぼ平均に近い値となった。

結果的にUSDA予想の内容は、「可も無く不可も無く」ということになったことから、基本的には材料織り込みで、あとは9月で小幅に修正される程度にとどまりそうな雲行きである。このためUSDAの需給見通しはあまり材料としてはインパクトがなく、引き続き日々の天候が重要である。ただしそろそろ天候相場期も終盤に近づいているため、あとは作柄の推移や輸出の動向(需要)に関心がむけられる。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ゴム…短期的には先週末の安値から6円戻りか…Dr.needle
ゴムは、あくまで短期だが、先週末の安値から6円の戻りとなるだろう。9日の安値から10日の高値までに大きなギャップを開けているためだ。つまり先週末10日の急落に対し、全値戻りが予想される。

ただし確実に読めるのはここまで。あとは世界の株価や為替の動きがどうなるか、更にそれを受けて、LME非鉄やNY貴金属、あるいはWTI原油がどのような動きを示すのかによって方向感が違ってくるだろう。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

原油…70ドル飛び台にてかろうじて大台を維持…Dr.needle
NY原油は、予想していたほどの急落はなかった。明日はNYが週末で本格的に急落する可能性はあるが、まだ紙一重のところで残っている感じである。

なお一番うれしいのは、今年の米国のハリケーンがほとんど発生せず、思惑外れになっていることである。このハリケーンで買われていたプレミアムはこれから本格的に剥げることだろう。

なお、米海洋大気局(NOAA)は、大西洋上でのハリケーンシーズンは当初の見込みよりもやや活動が縮小するとの見通しを示した。NOAAは13~16のトロピカル・ストーム(熱帯性暴風雨)が発生し、そのうち7~9つがハリケーンとなり、さらに3~5つが勢力のかなり強いハリケーンになると予想。NOAAは5月、13~17のトロピカル・ストームが発生し、7~10がハリケーンとなり、そのうち3~5つが最大瞬間風速49メートルを超える勢力の強いものになると予測していた。また、NOAAは、現在の天候状況では、米本土に上陸するハリケーンの数は2~4つと予想した。

(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

トウモロコシ…需給見通しの発表前の情報漏れで?…Dr.needle
なんだなんだ~。金も銀もニッケルも銅も安く、更に石油も安いと思ったら、こいつも暴落している。中心限月の12月限は9.25¢安である。

大豆と小麦は同値圏での小幅まちまち。トウモロコシだけが暴落しているのである。確かに、最近の値動きはおかしかった。トウモロコシの独自要因はなく、大豆と小麦の上げに追随していただけだった。そこに、原油の暴落があって、追随安となってしまったのだろう。

いやいや…それとも、明日USDAが発表する需給見通しが悲観的な内容になると見られて先売りされたのかもしれない。どこかで、こういう類のものは情報が事前に漏れることが多いので。。。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

後場注目:プラチナの買い=伊藤
本日後場は、東京プラチナ08年6月限の買いに注目します。買いのポイントは後場寄りで、損切りの目安を前場の安値4873円へ設定します。
東京プラチナ先限は、目先、すぐ上の抵抗4905円を上抜くと、その後、大陰線となった8月1日の安値が当面の押し目底となって、上値を試す動きになる可能性が大きくなります。そうなると、上げ余地が拡大するので、しばし上昇を継続する公算が出てきます。一方で、8月1日の安値4828円が強い支持にならなければ、その後は再び下げが勢いづく展開が考えられます。
今のところ強弱を判断できませんが、本日後場に前場の安値を割れるか、前場の安値を維持して堅調に推移するかで、当面の流れがはっきりします。後場は、前場の安値を損切りの目安として買いを入れるか、前場の安値を下抜いた後、売りを入れて見たい場面だと言えます。

東京ゴム先限の目先の展開は、基調が弱気なら、すんなり下げるか、前日の陰線の高値付近まで上げた後に上値を抑えられて下げるかのどちらかが考えられます。すでに弱気の流れを示しているので、本日は後場寄り後、前場の高値で強く上値を抑えられると、その後の下げ幅が大きくなる可能性があります。
(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金…やはり工業品系安の農産物系高…Dr.needle
以前…6月下旬頃に書いたのだが、「最近の国際商品は、工業品系高の農産物系安と予測する風潮があるが、僕的には、工業品系安の農産物系高と予想している」と。

最近の傾向は、実際には農産物系がまだ波乱含みではあるものの、トウモロコシを中心に底入れ気配となってきている一方、工業品系は、まだこれからが本当の相場下落になりそうな気配である。

さもすると、原油などは、予想をはるかに超えた暴落もありうるなどと見ているし、ヘッド&ショルダー(三尊天井)を形成した金などは、700ドルは夢のかなたに飛び、やはり、けっこう下値をうかがう展開になりそうだと見ている。

ただ話題性としては下支えの要因もある。例の大証の「金ETF日本版」である。ただ実物の裏づけがないのが難点である。


(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

トウモロコシ…高温予想で上げる…Dr.needl
大豆と同様、今週末に発表される米農務省生産高見通しの事前予想平均は、129億0900万Bu(レンジは126億4000万~132億0100万Bu)。米農務省の7月見通しは128億4000万Bu。期末在庫の事前予想平均は、11億3200万Bu。農務省の7月見通しは11億3700万Bu。

テクニカルに上げる場面となったシカゴだが、また高温予想が出ていることで、天候要因から上げる状況である。

(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金:買いたい局面も慎重に=松下
○東京金 ポイント=安値 2,562円(6日安値)
高値・安値切り下げも陽線引け、相場は安値を買いに入っている。ただし6日のNY市場が小幅下落で終了しており、東京市場も素直に上がっていく地合いではない。まずは安値を固めるのを待つ。安値切り上げが確認できれば、買いの相場となる。

○東京ガソリン ポイント=安値 62,110円(6日安値)
大幅下落も陽線引け、市場は安値を買いに入っている。ただ6日のNY市場が大幅下落で終了しており、7日の国内市場の更なる急落が想定される。買い方の投げが強要される局面となる。ここは新たに売りに入る局面ではなく、これまでの売りの利を伸ばし、買いのチャンスを待つ局面と考える。反発には注意したい。

○東京一般大豆 ポイント=高値 49,180円(6日高値)
小幅下落も陽線引け、市場は安いところを買いに入っている。まずは安値切り上げが確認されない限りは、積極的に買いに入れる地合いではない。安値の切り上げを確認してから、買いに入る。

○東京ゴム ポイント=安値 257.5円(6日安値)
高値・安値切り下げての陰線引け、調整局面。トレンド自体は上向きなので、いずれ安値を切り上げる展開に戻ると想定するが、安値を切り下げている間は、慎重な対処が必要となる。安値からの反発で買い進みたい。

○東京粗糖 ポイント=安値 31,440円(7/30安値)
高値・安値切り下げも陽線引け、市場は安いところを買いに入っている。ただし6日のNY市場は続落となっており、調整がまだまだ続く。目先的には前回安値7/30 31,440円が視野に入っており、この安値を更新すると、一旦売りの圧力が強くなる可能性があり、買いの撤退の目安となる。買いに入るのであれば、再度安値を切り上げてからでも遅くはない。


(参謀:松下誠)


もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

後場注目:プラチナの買い=伊藤
本日後場は、東京プラチナ08年6月限の買いに注目します。買いのポイントは4860円以下で、損切りの目安を前場の安値4848円へ設定します。
東京プラチナ先限は、8月1日の安値4828円が強い支持になって上昇を開始するか、4828円を割れて、さらに一段安を目指すかのどちらかになると考えられます。4828円は、当面の流れの分岐点になっています。
目先、4828円を維持する動きになるならば、本日は、その前の安値4842円を維持する展開になる可能性があります。前場で4842円を維持して上昇を開始したので、後場は、前場の安値を維持して堅調な動きを継続すると見ることができます。

東京ゴム先限の本日前場の一段安後の反発調は、始値で空けたギャップを埋めるための動きか、目先の下値堅さを確認して上昇を開始しているかのどちらかです。
下値に過ぎないなら、後場は3日の始値262円を前に上値を抑えられる可能性があります。
後場は、13時30分頃までの時間帯で262円を前に上値を抑えられる場面があれば、その高値を損切りの目安にして売りを入れてもいい場面だと言えます。
(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

後場注目:ゴムの買い=伊藤
本日後場は、東京ゴム08年1月限の買いに注目します。買いのポイントは264円以下、損切りの目安を前場の安値263円へ設定します。
東京ゴム先限は、昨日の足型で上ヒゲの長い線をつけて十字線のような格好になっています。昨日の高値267.5円が反発調整の終点になるなら、本日は前場で下放れる可能性がありました。しかし、そうならなかったことにより、現状では267.5円が強い抵抗だと見れません。後場寄り後、前場の安値を維持して堅調に推移するなら、後場は引けにかけて267.5円を試す動きになる可能性があります。

東京灯油先限の前場の反発は、7月25日~26日と同程度の調整の可能性があります。そのため、目先は67150円程度まで上値余地があると考えられます。後場寄り後、前場の安値を維持して堅調に推移するならば、その後は上値を試す展開になると予想できます。
(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。