商品先物 使える!相場参謀本部ログ 2007年06月
プロフィール

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原油…想定内の下落ではあるが…Dr.needle
これまで、あまりにもナイジェリア情勢が取り上げられすぎた。それによって上げた相場は、事態の収拾とともに、バブル化した分が修正されたと受け止められる。これで下げ一巡となったのかどうか判断に難しいが、いったん上昇局面は終息しつつあると見られる場面だ。

また明日発表予定の在庫が増加する予想が出たことも弱材料。

ロイター通信によると、米石油協会(API)と米エネルギー情報局(EIA)から27日に発表される6月22日までの週間在庫統計に対する事前予想では、原油在庫が前週比90万バレル増加、留出油が50万バレル増加、ガソリンが110万バレル増加
となっている。

(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

スポンサーサイト

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ゴム…これからは外部ファクターからの下げ…Dr.needle
これまでゴムはずっと弱気で、今日あたりも国際商品全面安から連想売りが主導する状況となりそうだ。

いったいどこまで下げるのか?が最重要課題であり、そこを見極めることが大事なのは言うまでも無い。

大勢的には上げトレンドであっても、まだ今は中期的な下げトレンド維持だと見ている。ゴムは先行して下げているが、今の下げはゴム自身の要因。これからの下げは他商品安による連想売りによる外部ファクターによる下げだと見ている。

(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

コーヒー…予定されていたシナリオどおりの展開…Dr.needle
トウモロコシの暴落にはビックリしましたが、NYコーヒー相場の暴落もビックリしました。

全般に4ドル前後下げて、期近は一気に110¢まで下げた。罫線としては長大陰線が引かれ、一気にほぼ1ヶ月ぶりの安値圏に達した。120¢向かいの展開から、逆に110¢割れ懸念まで出始めた。

こちらも天候相場だが、前にも指摘したが、ここ数年は霜害の被害はほとんど無い(はっきりいって全く無い)ことから、ある意味、予定されたシナリオどおりの展開である。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

プラチナ…いったん1250ドル向かいの展開か…Dr.needle
まだなおテクニカル・レンジでの推移であり、6月中は完全に1300ドルに収斂する動きであるため予断できないわけだが、プラチナは先安感が強く、今回の南アのNUMのスト問題に対する織り込みも一巡されているのではないかと見ている。

ここからはいったん修正安に向かい、当面は1250ドル付近を目標に下落していきそうな雲行きだ。

ただしLMEでニッケルが急上昇していることからすると、基本的なトレンドは上向きとも見て取れる。いずれにしても微妙な情勢だ。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

コーヒーロブスタの高値予想は難しい…Dr.needle
またまたであるのだ。

コーヒーはとにもかくにも、アラビカ安のロブスタ高。この逆クロスの動きは、ますます鮮明となってきている。

アラビカも、ブラジル産地の降霜懸念で潜在的な高値波乱の要素はあるのだが、基本的に来年が表作で増産になるのは必至だから、なかなか期先は買いにくいものがある。

一方、ロブスタは、周知のとおりインドネシアの大減産で買われている。しかしどこまで買われのか、ここまで上がると判断に難しい。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

大豆…チャート論者の出番です…Dr.needle
あざやかに下げましたね。大豆だけでなく、トウモロコシも。

雨に対する反応が遅かった点が疑問ですが、いずれにしても「恵みの雨」が、相場のほどよい訂正安になりそうな雲行きであり、健全な印象を与えますね。

一本調子で相場が上がるなんてことはないわけで、ここから暴落しても不思議でもなくでもない。

天候相場にありがちな「波乱」に入っていることは否定できず、あとは、売りと買いのタイミングだけ。こうなると、テクニカル・アナリストというか、チャート論者が強いのでしょう。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

後場注目:プラチナの買い=伊藤
本日後場は、東京プラチナ08年4月限の買いに注目します。買いのポイントは後場寄りで、損切りの目安を前場でつけた押し目5084円へ設定します。
東京プラチナ先限は、昨日価格が下げなかったことで、強気の流れを確認しています。そのため、本日は下値堅く推移する(19日の動いた範囲内で小動きとなる)か、あるいは上値を試す動きになるかのどちらかが考えられます。後場は、前引け前につけた押し目を維持して上昇を開始するならば、上値を試す動きになる可能性が出てくるので、5090円以下は買って見たい値位置だと言えます。

東京ゴム先限の最近の上げは、5月28日以降の下げ幅全体の修正局面と見られます。目先は上値の目安となっている50%戻しを目指す動きになる公算です。値幅の大きな自律反発の場合、ジグザグの上昇パターンとならずに、価格が一気に上昇する傾向があるので、本日後場は前場の上げの勢いを継続して、上値を試す動きになる可能性があります。
(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金・白金・石油・ゴム・大豆・トウモロコシの手口…Dr.needle
金の手口(玉尻)は、物産37109枚売り、三菱34173枚売りなど大手6社合計で135223枚売り越し。白金は、三菱10686枚売り、住友3844枚売りなど大手6社合計で2375枚売り越し。

原油は丸紅569枚売り、物産261枚売り、住友1509枚買い、三菱525枚買いなど、大手6社で2041枚の買い越し。6/8を境にして買い越しに転じた。

ガソリンは丸紅1429枚売り、三菱1036枚売りなど大手6社合計で4556枚の売り越し。一方、灯油は丸紅5045枚売り、三菱1206枚売りなど大手6社で8643枚の売り越し。

最後にゴム。岡地3796枚売り、岡藤1825枚など、海外法人と商社玉を扱う機関店は売り越し。海外ファンド玉を扱う三菱Fが1476枚の買い越し、三井Fが477枚の買い越し。大手6社合計で4263枚の売り越しとなっている。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

トウモロコシ:やっと高値更新、まだまだここから伸びる=松下
○東京銀 ポイント=高値 539.3円(6/5高値)
陽線にて高値・安値切り上げ、貴金属はいずれも急伸となり、堅調な相場を形成している。ただ今後の上値の余地という意味では、銀が一番期待が大きいのではないだろうか。
2/26高値と4/16高値を結んだラインが直近の巨大な三角持ち合いの上辺であり、それを順調に上放れしている相場と見ている。
このまま高値・安値が切り上がれば、目指すは2/26高値570.3円の更新と考えている。

○東京灯油 ポイント=安値 68,000円(18日安値)
陰線にて安値切り下げ、高値圏での足踏みとなっている。日柄的には充分調整を入れておかしくない時間帯であり、短期の調整には備えたい。NY市場も同じ可能性を包含しており、下落には短期で売っていくのも面白いのではないか。
今後、先週15日高値68,790円を切り下げる動きになれば、一部オシレーター系の指標が逆行を見せる。
明日(19日)は陰線での安値切り下げで売りに入る。

○東京ゴム ポイント=安値 263.4円(18日安値)
安値更新も引けにかけては買い戻されての陽線引け。相場は一旦底入れの時間帯を迎えている。
今後、本日(18日)安値263.4円を切り上げて行く展開になれば、再度上昇基調に戻る可能性は充分にある。
安値の推移に注意し、買いのポイントを探ってみたい。

○東京とうもろこし ポイント=高値 30,490円(18日高値)
新甫発会、先限以外は全てストップ高での急伸となっており、先限つなぎ足での高値更新も果たした。
これまで上値の重かったコーンだが、これでやっとしこりが取れるのではないだろうか。
以外にここから値を伸ばすかも知れない。高値を買って行きたい。

○東京アラビカコーヒー ポイント=高値 24,180円(18日高値)
陽線にて高値・安値切り上げ、前回6/4高値24,160円も更新、独自の材料が乏しい中で他商品に連れ高となったのではないだろうか。
NY市場も今後充分上値を探ることが期待でき、ここからまだまだ潜在的な上値余地を残している。
NY市場の上昇を確認しながら、着実に買って行きたい。
(参謀:松下誠)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

大豆の高値を間違えないように=百鬼
大豆の罫線で注意する点をお知らせいたします。
大豆は一度呼び値とその単位が変わっています。
大方の月間足には出ておりませんが、1985年2月に4000円、現在の単位で66400円が有ります。
念のため・・・

(参謀:百鬼夜行)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

6月18日(月)版「ゴムについて」=supermoney
今週は『ゴム』についてです。



現在買いで引かされているのですが今一度冷静に見てみましょう(^-^)


現在のゴムはご存知の通り
2/14の298.7円
4/17の299.5円
5/28の298.5円

がトリプルトップとなってまして周りの方もほとんどの方がこれを理由に売りを唱えています。


今回私が買いを持った理由は6/8にもアップしましたが今のゴムは「アセンディングトライアングル」と判断していました。

まだその考えは完全には捨てきっていませんがさすがに5/11の安値267.8円を割れて引けた事によりましてやや崩壊しつつあります。


タイムリミットまではまだ十分日柄もありますので何かの拍子に275円を超えて280円までかけのぼってきましたらこれは300円は超えるコースに入ると思います。


しかし現状を冷静に見てみますと

まず転換線を下回ってから14営業日が経過、6/8に均衡表は逆転、その日から雲も下抜け6/14に上抜けを試した遅行スパンが不発。

なんだか書いていて気持が悪くなる感じです(´Д`)


さらに5/11の267.8円を引けで割れたことにより256.2円が視野に入ってきたと思われます。


最大の懸念は先週末の高値トライの際にポイントだった6/12の高値272.7円をわずかに抜けなかったことです。

これでは買い方はかなり失望してしまうでしょう。


すごい狭いですが今は272.7円と264.7円のボックスとなっています。


目先の注目といたしましては安値を更新した際に逆行現象が発生するかどうかですね。


これで発生しなかったらとりあえずシロハタですね(^_^;)


逆に275円に回復してきましたら息を吹き替えします!

(参謀:supermoney)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

コーン:いよいよ高値更新から、新しい相場の形成へ=松下
○東京とうもろこし ポイント=高値 29,330円(2/26高値)
陽線にて高値・安値切り上げ、上昇が加速してきた。2/26最高値29,330円を更新すれば、更に上値余地が拡大し、一段の高値を目指す。まだまだ大相場はこれから。

○東京一般大豆 ポイント=高値 49,040円(6/11高値)
陽線にて高値・安値切り上げ、調整も早々に終了し、再度トレンドを上に転じてきた。高値更新で新しい相場を作る。

○東京小豆 ポイント=高値 8,720円(14日高値)
陽線にて高値・安値切り上げ、底入れが終了し、反発開始か。それが固くなるのは、6/12安値を切り上げてから。まずは安値切り上げに注目。

○東京ゴム ポイント=高値 271.5円(14日高値)
陰線引けながら高値切り上げて反発、戻りを開始か。今後安値を切り上げるならば再度上値追いに入る可能性がある。安値推移に注目。

○東京アラビカコーヒー ポイント=高値 23,790円(14日高値)
陽線にて高値・安値切り上げ、高値圏での持ち合いを形成中。この値動きは値位置を固める動きであり、このまま日柄を経過すれば、いずれまた上昇が始まる。じっくり買い進みたい。

○東京粗糖 ポイント=高値 30,720円(14日高値)
陽線にて高値・安値切り上げ、戻りを入れる。当面の課題はとにかく高値を切り上げることであり、それにより底練りから上値が見えて来る。
(参謀:松下誠)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

トウモロコシ…19年サイクル干ばつ論は本当か?…Dr.needle
19年サイクル干ばつ論。これが、いつから出ていたのかは知らないが、いずれにしても、前回の大干ばつは1988年だった。そこから今年は19年後。ちょうどサイクルの年である。

しかも今年はラニーニャで、干ばつになりやすい年廻り。北米では実際に今、干ばつ気味なエリアも出てきている。

更に、この小麦の暴騰はなんなんだ。一気に6ドルである。つい最近までは4ドル台にあって、トウモロコシとほとんど変わらない値位置だったのに。もうこうなると理屈ではないのかもしれんね。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

後場注目:ゴムの売り=伊藤
本日後場は、東京ゴム07年11月限の売りに注目します。売りのポイントは271円以上で、損切りの目安を6月12日の高値272.7円へ設定します。弱気の見方が正しければ、後場に反発があっても、272.1円前後で上値を抑えられる可能性があります。後場寄り後、価格が反発するならば、272.1円、あるいは前場の高値近くでつけた抵抗を損切りの目安に変更してもいいでしょう。
東京ゴム先限の昨日と本日の反発は、5月31日と6月5日の上げと同程度の大きさになる可能性があります。だとすれば、前場の高値か、272.1円程度が小幅調整の終点になって、終点を確認した後は下値を試す動きになると予想できます。

東京プラチナ先限の6月7日以降の値動きが目先の天井型を形成中ならば、本日は、目先の天井型の右肩の高値5012円を前にした前場の高値5009円が強い抵抗にると考えられます。また、6月12日以降に価格に下げの流れができているならば、本日は終値で昨日の始値を上抜かない動き(下げ途中の小幅調整の範囲内に収まる)になる公算があります。以上のことから、基調が弱気へ変化しているなら、本日後場は軟調に推移すると予想できます。
(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

トウモロコシ…19年ぶりの大干ばつ懸念が背景…Dr.needle
トウモロコシは急騰る期近は一気に4ドルを突破した。ビックリするほど、目がまるくなるほど、小麦が暴騰していることが理由だ。

どうしたんだろう。この小麦相場。このわずか3日間の上げだけでなんと50¢の大幅上げである。13日の期近7月限は前日比24.5¢高の5ドル95。あと一歩で6ドルである。1996年以来11年ぶりの高値なのである。

原因は、干ばつ懸念である。これまでの北米の歴史の中で、大干ばつは平均して19年ごとに起こっている。前回は1988年だった。つまり今年は大旱魃になる可能性がある…というシナリオが唱えられて相場は上がっているといえるわけなのである。

現在、特に、アラバマやミシシッピではひどく乾燥しており、深刻な状況だとの報告もある。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ゴム…ゴムの必勝法で予想は的中…Dr.needle
先週末の時点で、あとどれぐらいゴム相場は下がるのか?という問いがあったので、ポピュラーの値動きパターンだと、あと最低でも10円ぐらいと答えたら、なんか そんな展開となってきたので、一安心というところである。

ちなみに…僕はノー・ポジション。仕掛けが遅れたので見送りっぱなしだ。

この相場予想には、ある理屈と法則があって、それに基づいている。まぁ、これは、ゴムを20年間見てきた僕だからこそ、編み出した必勝法なのであるが、機会があれば、また述べたい。

(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

コーヒー…相場観は当っていてもサヤ滑りでやられる…Dr.needle
コーヒー、というか、アラビカこそ、投資家泣かせである。よく投資家の方々にも言うのだが、アラビカ相場、ニューヨーク相場が上昇すると考えて買い建てするのだが、東京の大幅な順ザヤでサヤ滑りしてしまって、結局、「相場観は当っても、最終的には、サヤ滑りでやられてしまう」というパターンが多い…と。

こんな話しをすると、だいたいの方は、首を大きく縦に振られるのである。

そうなんである。アラビカのつらいところがこのあたり。ニューヨークはチャートが右肩上がりで買いつきたくなるが、実際のところは儲からない。このあたりが更に、悩ましいのである。

(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

大豆…トウモロコシと同様に天候と小麦高に刺激…Dr.needle
大豆もきましたね~。

焦点だった需給報告は変わらずの中身で材料とはならず、くしくも、ちょうどそのタイミングでホット&ドライの予想が出たことが材料として大きかった。

それと、トウモロコシもそうだけど、小麦が暴騰していることから、その動きに連動した格好ですね。


USDA 07/08年度 大豆需給見通し

 作付面積:6710万エーカー(6710万エーカー)
 単収  :41.5Bu(41.5Bu)
 期初在庫: 6億1000万Bu( 6億1000万Bu)
 生産  :27億4500万Bu(27億4500万Bu)
 圧砕  :17億9000万Bu(17億9000万Bu)
 輸出  :10億8000万Bu(10億8000万Bu)
 期末在庫: 3億2000万Bu( 3億2000万Bu)
 在庫率 :10.5%(10.5%)

(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

原油…これでまた分からない…Dr.needle
ビックリです。昨日のNY原油。急騰して期近は1.21ドル高と吹っ飛びました。なんでもサウジが原油の輸出量を7月もこまでの枠をそのままにすることで、供給制限という受け止められ方となったことが材料視されたとのこと。

この動きでまた分からなくなった。上値限界でここから急落すると見ていたが、その思惑に反して期近は一時66ドル台まで上げたことで、再び70ドルに向かってゆく展開となってくる可能性が出てきた。

いや~。ほんと、不透明。ちょっと様子を眺めたいというのが本音。

(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)



テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金…すごく大きな修正安となる可能性がある…Dr.needle
先週末のNY金だけではなく、非鉄は全面安を強いられた。WTI原油が大きく値崩れしたことが嫌気された。また8日のNY外為市場でドルが急騰したこともマイナス材料。別な角度では、NY株価が暴落していることにより、商品を含めた金融マーケットに流入していた投資資金が逃げていることも商品安の一因か。

7日時点のNY株価は1万3266ドル台まで下げ、約1か月ぶりに1万3300ドルを割り込んだ。

今後、素材商品は本格的な修正安となる危険性がある。仮にそうなった場合、本格的なパラダイム・シフトで上昇した「過去5年間の上げ相場の修正」という局面に入ってくる可能性がある。予想を超えた暴落となる危険性があるとも見られるわけだ。金期近は、500ドル前後まで下がってくるシナリオも描けるわけで、いずれにしても、ここは安値に警戒すべき場面であることは間違いない。

(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

6月11日(月)版「NY金」について=supermoney
今週も『NY金』についてです。


先週から大きく値を下げましたが金はこれからどうなるのでしょうか。


まず今回14.9ドルもの下落を演じまして一気にチャートが悪化したように見えます。

直近の安値だった5/24の657.5ドルを割れこみましたので下降Nラインも発動します。
今回のNラインは5/4の699.5ドルから5/24の657.5ドルまでね下げ幅を6/4の679.5ドルから計算しますのでターゲットは637.5ドルとなります。


さらに先週アップしました「ファントレンド」がより鮮明になってきましたのでムードは一気に下向になったように思います。


今晩がさらに続落となりますと3/5の647.2ドルをネックラインとしたダブルトップが形成されると見ることもできます。

そこから計算してしまいますとなんと588.4ドルがターゲットになってしまいます。


しかし!

もしも今晩が反発した場合、(私はこちらのストーリーを希望していますが(^-^))この3/5の647.2ドルは下値抵抗と認識されまして目先の下げは完了と見ることができそうです。


このシナリオをより完璧にするには先程書きました直近の安値の657.5ドルを上回ってくれると最高です。


もしも今晩か、明晩にこの657.5ドルを越えてきますと「タートルスープ」の買いとなりますのでこの場合は指数も好転し一気に上げ賛成ムードとなります。


NY金8月限のチャートで見ますとここで反発すれば10/24の604.6ドルと1/5の621.0ドルを結んだアップトレンド(点線のライン)がワークすることになりますのでさらに次の転換ポイントも読みやすくなるのですが・・。


希望はここから反発することですね。


うまく行けば今日の東京がネックラインを踏ん張り今晩のNYがネックラインを超えて・・・
まあそんなにうまくは行きませんよね(^-^)

(参謀:supermoney)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ゴム…減産期明けで売られる相場…Dr.needle
タイ中央ゴム市場での集荷が、6月に入ってから毎日100トンを越えている。これは、明らかに、減産期明け=生産期である。

当然、需給タイトは解消、また船積み延期懸念も解消、ということなので、これまでの供給不安プレミアムが剥げてくるという図式である。

期近からまだ下げることになりそうだ。順ザヤ化してから、更に下げは加速されるだろう。

あとは、原油など他商品次第である。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

原油…67ドル突破で新局面?…Dr.needle
原油は上げましたね。どうしても突破することのできなかった67ドルの壁を突き抜けました。終値としても9ヶ月ぶりの高値だった。

なんにも刺激的な材料のない中で原油が続伸し、上値の抵抗を突破したということは、かなり強い相場地合いであるのかも知れない。

またいよいよハリケーンの時期となってきたことから、早めにこの材料を織り込む動きになっているとも判断できる。いずれにしてもポジションも金と同様に一考である。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

大豆…上げ息一服で修正安…Dr.needle
さすがに買い息が続かず、大豆は修正安の場面となった。

昨日も触れたが、テレビ東京のガイアの夜明けで取り上げられた大豆は、ほんと、もう食べられなくなるんじゃないの?というほどインパクトがあった。ちょっと行き過ぎ感はあったけど。

いずれにしても、それが影響したのか、シカゴは連日の高騰だった。ようやく上げ息途絶えて修正安である。

とにもかくにもこれから天候相場本番。業界のことを想うと上げ賛成 人類のことを想うと下げ賛成 …複雑なのである。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

プラチナ…先安と見ざるを得ないのです…Dr.needle
前にも述べさせていただいたと記憶しているが、金、プラチナなどを含めたメタル市場のリード役はいま、ベースメタルだと考えているし、中でも、市場規模の小さいニッケル市場の先行性は高いと考えている。

そのニッケルだが、どうも、ここにきて上値が重い。現物は5万ドルを維持できずに反落、3ヶ月にあっては45000ドルまで急落してきた。

この流れなどからすると、どうも 前々から指摘しているとおり、プラチナなんぞは先安と見ざるを得ないのである。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

灯油:まだまだ上へ=松下
○東京金 ポイント=高値 2,664円(5日高値)
陽線にて高値切り上げ、相場の強さが足型に出ている。いよいよ最高値まであとわずか、一気に更新するケースもある。

○東京銀 ポイント=高値 541.6円(4/16高値)
陽線にて高値切り上げ、前回高値トライ。本日のNY次第で明日の相場が見えてくる。ここから押してもそこは買い場ではないか。
○東京白金 ポイント=高値 5,039円(5/21高値)
同値圏で小動き、高値更新を前に足踏み。短期的な持ち合いと見れば、どちらに放れるかに注目される。明日は貴金属の1つの節目。

○東京ガソリン ポイント=高値 65,220円(5日高値)
続伸する中での陽線引け。いよいよ相場は買っていくのか。まだまだ買い相場が続く。

○東京灯油 ポイント=高値 66,940円(5日高値)
陽線にて高値・安値切り上げ、相場は買いの力が出始めた。売り玉を利食いし、ドテン買いとした。高値更新で上値余地を拡大する。

○東京とうもろこし ポイント=高値 27,990円(5/18高値)
同値圏での小動き、相場は高値を前にして足踏み。いずれにしてもChicago次第の相場であり、高値更新となれば、その時点で値が軽くなるのではないか。高値更新を待つ。

○東京一般大豆 ポイント=高値 48,320円(5日高値)
陽線にて高値更新、順調に値を伸ばしている。Chicagoも同じく順調に高値を更新しており、息の長い相場になるのではないか。

○東京小豆 ポイント=安値 8,990円(5日安値)
陰線にて安値切り下げ、再び安値トライ。上値の重い状態が続くが、安値を維持できるかどうかが大きなポイントとなる。

○東京ゴム ポイント=高値 287.0円(5日高値)
高値切り上げも陰線引け、相場は一旦安値を窺うのか。安値切り上げを確認したいところ。

○東京アラビカコーヒー ポイント=高値 24,030円(5日高値)
NY安を受けて下落も、引けにかけて買い上げられての陽線引け。相場は底固さを見せている。

○東京粗糖 ポイント=高値 31,890円(4日高値) 
小幅下落も陽線引け、市場が買いの意志がある。最近は下落する前に上がる、そんな印象を受ける粗糖である。上昇を続けるのか。
(参謀:松下誠)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

後場注目:プラチナの売り=伊藤
本日後場は、東京プラチナ08年4月限の売りに注目します。売りのポイントは後場寄りで、損切りの目安を前場でつけた戻り高値5006円へ設定します。
前回書いた通り、東京プラチナ先限の最近の反発はダブル・トップの右肩の高値を作る動きか、新たな上昇の流れが始まっているかのどちらかです。天井型だとすれば、昨日、すでに右肩の高値の目安になる地点へ到達して、足型でこま足となっているため、昨日の高値は、天井型の右肩の高値になる可能性がある地点だと言えます。本日前場では、昨日の高値を前に上値を抑えられて、上値重く推移しているので、後場は下値を試す動きになる公算があります。前場の安値を割れると、その後下げが勢いづく展開が考えられるので、後場寄り後、すぐに売りを入れておきたい場面だと言えます。

東京ゴム先限の最近の反発が小幅調整なら、調整入り後3営業日目となる本日の高値が調整の終点になる可能性があります。前場ではまだ上値を抑えられる動きがはっきりと現れていませんが、前場の高値が5月28日~31にちまでの下げ幅の38.2%戻し近辺に位置するので、この辺りが調整の終点になる公算があります。後場は、前場の安値を下回ったら、その前の高値が調整の終点になる可能性が大きくなるので、前場の安値を下抜くかどうか、強い抵抗になりそうな戻り高値をつけるかどうかに注目したいところです。

ゴム、プラチナともに、本日の売玉に利益が出るなら、明日以降も持玉を維持していい場面です。
(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

世界エネルギー会議で原油価格予想を60~80ドルに…Dr.needle
世界エネルギー会議では、今後5年間に原油と天然ガスが劇的な値上がりをする可能性は薄いとする見通しを明らかにした。

50人の関係者を対象にした18カ月間にわたる調査で、65%強が「今後5年間の原油価格は60~80ドルで推移する」と予想していることが判明した。80ドルを越えるとみているのはわずか5%、60ドル以下となると予想しているのは30%弱。

原油相場を支えている主な要因は発展途上国の需要増大。特に、原油需要は中国の経済成長と密接に関係しているとの指摘が多く出た模様。中国経済が鈍化する形跡はなく、市場が相互に連動する状況では他の国際商品市場にも影響するとの指摘も出ていた模様。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

原油…いやらしい相場だ…Dr.needle
買いなら買い 売りなら売り とタケを割ったような相場は、どうも2005年まで。昨年2006年後半以降、多くの商品は修正の場面を迎え、また更にの一部の商品はテクニカル・ラリーを長期化させている。

この最も典型的な銘柄が原油だろう。売りとも買いともはっきりしない いやらしい相場である。期近ベースでは、62~67ドルの狭いレンジ内での推移が続いている。最近の上げも3日続伸で再び65ドルまで届いたが、本複とはみられず、逆に反落が警戒されるところだ。

なお、ナイジェリアの産油地帯、二ジェール・デルタでは1日、ダイナマイトや銃器を使用した武装勢力がインドネシアの化学会社、インドラマの関係者を誘拐する事件が発生している模様。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

6月4日(月)版「東京金」について=supermoney
本日の金は10:54現在では23円高程度の動きとなっています。


5/9~5/10にかけて空けた窓をまだとれずにいます。

先週の勢いも一旦落ち着きここは一押しを期待したいところです。

チャートで見ましても下がってきている上限線に触れてきましたので一旦抵抗は受けそうです。

さらに指数も限界値近くからやや下落気味ですのでここは思い切って短期の売りを入れてみました^^

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。