商品先物 使える!相場参謀本部ログ 2007年02月
プロフィール

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金:一旦調整入りか=松下
○東京金 ポイント=安値 2,676円(27日安値)
陰線にて安値切り下げ、調整開始と判断、一旦売りとした。ここから一旦本格調整もあると考える。安値切り下げが続けば、調整が続く。

○東京銀 ポイント=安値 565.1円(27日安値)
金同様陰線にて安値切り下げ、調整入り。ただ日柄的には金とは違うサイクルにあると考えている。こちらは安値切り上げを待つ。

○東京白金 ポイント=安値 4,692円(27日安値)
陰線にて安値切り下げ、調整入りと判断し、引け値にて売り。中長期的には買い相場と考えている。安値を入れた後再度買いに入る。それまでは売り。

○東京ガソリン ポイント=安値 60,760円(27日安値)
同値圏ながら陰線にて調整、値位置的には一旦下落調整もある。安値切り上げを待って買い増しとしたい。

○東京灯油 ポイント=安値 58,340円(26日安値)
同値圏での調整、ガソリン同様一旦下落の可能性はある。こちらも安値切り上げを待って買い増しとする。
(参謀:松下誠)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

スポンサーサイト

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ゴム、入るなら売りたい=百鬼
ゴムの戻り売りを推奨してきましたが、今日の下げで罫線は一段と悪くなったと思います。
三尊が出来上がったと見て強気に売り乗せしたい!
(参謀:バトルマスターズ)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

商品全面安 (1) 急転直下、暴落した相場…Dr.needle 
商品相場は全面安。金、銀、大豆、トウモロコシが全限ストップ安。更に原油、ガソリン、灯油も同様に、ストップ安含みの大幅安。世界同時株安が原因である。更に為替が大きく円高に振れたことも売り材料として加わった。

先のとおり、商品が全面安となったのは、世界同時株安による連動安が背景。27日の米国株式相場は大幅続落となり、ダウ工業株は416ドル安となり過去7番目に大きい値下がり幅を記録した。一時は下げ幅が約546ドルに達した。更に、この米株価の急落は、中国株の暴落が引き金である。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

後場注目:プラチナの買い=伊藤
本日後場は、東京プラチナ08年2月限の買いに注目します。買いのポイントは4690円以下で、損切りの目安を4678円へ設定します。4678円はこの辺りまでで前場の下げが止まるだろうという水準です。後場に反発するという見方が正しければ、前場の下げは13時までで押し目をつけて上昇を開始する公算です。そのため、今回は4678円という値位置にこだわらず、13時までにつけた押し目を損切りの目安へ設定します。
東京プラチナ先限は、2月6日以降、上昇が勢いづいています。2月26日は足型が上ヒゲの長い線になって、出来高が増加していますが、2月6日以降の上げが2月26日までの全体で5つの波のパターンになっていません。このことから、2月26日の足型は、上昇が勢いづいた場面で、さらに上値のあることを再確認する作業(強い反落サインが出て、それがダマシになる)だと推測できます。だとすれば、本日の下げは、2月14日~21日と同程度の下げ幅(4694円が目安)で止まり、すぐに反発を開始すると予想できます。
なお、本日の下げが4661円以下になる(値幅制限近くまで下げる)なら、その時点では、4782円が当面の戻り高値になる可能性が出てきます。
後場寄り後、すぐにつけた押し目を損切りの目安として、支持割れとなったら、その後は戻り売り場を探すというやり方にした方がいいかもしれません。

東京ゴム先限は、前場で急落した後、昨日の安値を維持する格好で下値堅く推移しています。本日の下げが一時的な調整なら、後場は前場の安値を維持して、下値堅く推移すると考えられます。
ただ、本日は始値が前場の高値になって下げています。このような日は後場に反発しても始値を上抜く展開になり難いので、後場に前場のレンジを上下どちらかへ抜けるとするならば、下抜くと見ていた方が無難です。積極的に仕掛けるなら、後場寄り後の戻りを売ってみて、レンジ下限を下抜く動きにならなければ手仕舞いというやり方が考えられます。
(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

※相場参謀本部では、上記記事の解説チャートを掲載しております。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金…景気サイクルだけで上げているわけじゃあない…Dr.needle
資源の枯渇で金などは残りが少ないことを皆さんご存知だろうか?

これまで掘られた金量は約14万トン。50mプール3杯分だ。ところが、残り埋蔵量はこのプール1杯分といわれている。しかも、その残りは、これまで掘られたところの更に下層にあることから、採掘コストは、当然、高くなる。かの南アが1970年に年間1000トンもの生産があったのに、現在は300トン以下。ここには、そのコストの問題があるといわれている。

とにかく、埋蔵はない、コストは高くなる一方で、金の価格は下がるはずがない。過去のような景気サイクルだけで上げている相場ではないことを認識しておくべきだろう。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ゴム:春節明けでのアジア系投機資金の動きが焦点...Dr.Watson
春節明けでのアジア系投機資金の動きが焦点。今週末までは下値を探る可能性もあるが上値余地が大きい相場。チャートはあたかも三尊天井を形成しているが中段保合いの可能性大。国内投機玉の売り込み場面を見計らい押し目買い
(参謀:Dr.Watson)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

2月26日(月)版「WTI」について=supermoney
今週は『WTI』についてです。


現在のメイントレンドは

8/8の77.45ドルと12/20の64.15ドルを結んだダウントレンド

1/19の50.12ドルと2/15の56.62ドルを結んだアップトレンド


この2本です。


ダウントレンドは2/21に本格的にブレイクされていますので今はアップトレンドのみ有効となっています。

このダウントレンドはワークしていましたので今回のブレイクは流れを変えた事になると思います。


一方、アップトレンドは2/20で微妙にワークしているようにも見えますができればもう一度ワークを確認したい所です。


しかし、今回のダウントレンドのブレイクと同時に転換線も上抜け、その翌日には2/9の高値60.80ドルをもあっさり抜いてきました。

これにより1/18の49.90ドルから2/9の60.80ドルまでの上昇幅10.9ドルを2/15の56.62ドルからとるNラインが発動したことになります。

ちなみにこの2/15の56.62ドルは0.382押しの56.63ドルにほぼぴたりとなっています。


そう考えますとこのNラインは
ネックラインが60.80ドル
ターゲットが67.52ドル
となります。

しばらくはこの60.80ドルあたりを下値抵抗と考えまして買い方針を継続したいと思います。

今週は下値60ドル

58ドル割れは陰転と考えます。
(参謀:バトルマスターズ)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

トウモロコシ…10ドル説…Dr.needle
トウモロコシは目先は上値の修正で急落するリスクがあると考えている。ただし中長期的にはかなりの高値圏まで上昇する銘柄ではあるまいか。

実は、例のブッシュさんの一般教書演説の内容を、そのままトウモロコシ需給に置き換えて予測をしてみたのだが、今から5年後には、全体の3分の2程度もエタノール需要で占める計算だ。

そしてその価格は「エネルギー商品」としての地位が上昇するにつて石油価格にスライドしてゆき、予想もしなかったような高値圏に達する可能性が出てきた…ということである。その5年後の価格…トウモロコシ10ドルは、けっして絵空事ではあるまい。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金…今日の新甫を買う…Dr.needle
一昨日、投資家の方から、金を、今日、買いたいというご意見があった。新甫が発会するので、その新甫限月を新規で買い建てしたいということである。

そこまでは、「金は中長期的に買いの商品だと私も思うので、良いと思う」としたが、その後、その方は、「どこまで下値のリスクを見ておけばよいのか?」と質問された。

こればかりは、さすがに神様の領域だと思い、「ちょっと私には…」としたのだったが、「いやいや、どの程度まで損を我慢すれば良いのですか」という問いに。「ううっ。。。同じ意味の質問ではないか」と内心思いつつ、「証拠金に対する損切りの比率を自分なりに決めておかれるとよい」とお応えしておいた。こればかりはなんとも難しいところである。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

原油…商品買いの傾向は持続だろう…Dr.needle
今日の、というか21日のNYの商品相場の動きを見て一つの確信を得た。今年、2007年も基本的に「商品は買い」なのだ…と。

NY原油は期近が再び60ドル台に乗せ、トレンドが強いことを証明した格好である。確かに、直近高値である2/9日の60.80ドルには届かないし、一代の高値もまだまだ遠いのは確か。しかし、下げても再び切り返すあたり、かなり地合いは強いと判断できるといえよう。

なお強材料としては備蓄在庫がある。米エネルギー省は20日、国家戦略石油備蓄(SPR)の積み増し開始に向け、この春に日量約5万バレルの原油を購入する計画を明らかにした。ボドマン米エネルギー長官は1月、SPR積み増しに向けて今春に約1100万バレルの原油を購入する計画を発表していた。既に、先月の積み増し計画発表後、NY原油は約5%上昇している。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金…物が無くなってるので価格が上がる…Dr.needle
松田勇作のセリフじゃないが、「なんじゃこりぁぁぁぁ」の金の上げである。勿論、銀もプラチナも上げているわけだが、プラチナより金の方が大きく上げたあたり、状況的には、金にとって上げやすい環境が底辺にあると見てよいのだろう。

というか、はっきりいって、この商品高というのは、地球環境の変化に対する警鐘であるのかもしれないのだ。つまり、物が無くなる…ピークアウトした、ということを示しているのかもしれない。

原油だけではなく、このメタル類も、である。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ゴム…ドンピャリの売り転換予想も問題は下値予想…Dr.needle
上げのエネルギーが、感覚的にマックスにきたなぁ~と感じていたところで相場は天井で下げトレンドに暗転した。ドンビャリの予想であった。

それより問題は、下値をどこまで見るか?それが大問題である。テクニカル的な見方によって判断するしかあるまいが、ズバリ、255円が第一目標値であり、次は235円である。なんともこのあたりは微妙だが、あとは運を天に任せて…である。

「腹八分目」?そんな作戦は取りません。相場はいつでも「腹一杯」までを狙います。当然。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

始まるか石油製品の安値更新=百鬼
大きな波動で見て年初の安値を更新していくと考えています。
そうなる為には今日の下げが重要な所。
目標値を下抜いてくるようなら、週後半にかけて更に安いところを出して来るか?
(参謀:バトルマスターズ)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

粗糖:上放れを決定付ける上昇か=松下
○東京とうもろこし ポイント=高値 28,170円(19日高値)
ストップ高、再度高値更新で上値追いの展開に入った。これでまた急落に売りを合わせるまで、ただ待ちの状態です。

○東京一般大豆 ポイント=高値 45,520円(19日高値)
ストップ高にて高値更新、再度上値追いの相場へ戻った。改めて確認すると2004年4月の高値までもうあと僅かというところに迫っている。2004年も天井を形成した後は暴落した相場だった。今の相場もいつか必ず下落をするときが来る。それまで待つ。

○東京小豆 ポイント=安値 9,350円(19日安値)
安値切り下げで調整継続。持ち合いのレンジを一旦上放れしたかに見ていたが、そこから調整が続いている。
かといってその持ち合いのレンジを下に抜けたかと見ると、そうではない。今の調整は買い方の振るい落としのためのダマシである可能性がある。もしそうなら近いうちに相場は上昇を再開する。反発は買い。

○東京ゴム ポイント=高値 292.3円(19日高値)
陽線にて高値・安値切り上げ、反発開始と判断。しかしながら引けにかけて値を削られての上髭、明日(20日)の値動きへの影響が気になる。もし下落となれば高値切り下げでニ番天井が完成する、その時は売り増し。

○東京アラビカコーヒー ポイント=高値 23,490円(19日高値)
安値切り下げも陽線引け、明日(20日)の値動きが気になる引け際となった。明日(20日)にもし高値・安値切り上げとなれば、安値の切り上げが確認でき、エネルギーが徐々に買いに傾いてくる。明日の値動きは注目したい。

○東京粗糖 ポイント=高値 33,960円(19日高値)
陽線にて高値・安値切り上げ、10月から12月に及ぶ3ヶ月間の持ち合いのレンジの上放れを決定付ける上昇となった。もしこの上放れが本物なら、今後持ち合いのエネルギーを使って上昇のトレンドを描くことになる。高値切り上げに注目、アップトレンド形成となれば、買い増しの検討に入る。
(参謀:松下誠)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金…日本発で金投資の熱気が高まりそう…Dr.needle
円高とロコ・ロンドン現物安で、今日の東京は小安く推移している。為替は若干の円高で、ロコ・ロンドンは、am9時現在で671ドル。昨日より2ドルほど安い。

1桁と小幅ではあるものの、今日の東京金は安い。

東京金が21年ぶりの高値をつけたということで、一般紙などでも報道されていることから、再び金投資に対する熱気が強まるのではないかと見ている。昨年12月は、買いよりも売りのほうが多く、輸入ではなく輸出転じるなどのジョークも出ていたほどだが、金投資は、これからが本番、白熱してくるものと見られる。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

大豆…夜間取引は小競り合いでやや弱含み…Dr.needle
先週末のシカゴの暴騰で、週明け19日はストップ高の急騰となった。連続しての暴騰になるのか思われた、今日の相場は比較的静かである。

それも、連休明けのシカゴ夜間取引が同値圏での小競り合いとなったことから、様子見気分が広がったことによるものだ。また為替も小幅ではあるが円高なので、積極的には買い建てしにくいところだろう。

個人的には、あまりにも買いが膨らみすぎているため、どこかの場面で目を覆うばかりの暴落が来ると見ている。しかも近いうちに。この弱気な見方は、希望的観測という括りになってしまうのか?
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

後場注目:ゴムの売り=伊藤
本日後場は、東京ゴム07年7月限の売りに注目します。売りのポイントは、後場寄りで、損切りの目安を前引け前につけた高値291.4円へ設定します。
東京ゴム先限の最近のジグザグの値動きは、天井型を形成中か、上値、下値を切り上げる調整のパターンのどちらかです。天井型を形成中ならば、2月14日の高値が目先の強力な壁になっていると考えられるので、目先の上げは、15日に開けたギャップで上値を抑えられる公算です。また、19日がギャップまで到達しているので、19日は強く上値を抑えられて、ギャップが強い抵抗になっていることを示す動きが現れると考えられます。
したがって、基調が弱気なら、後場は、前場の高値が強い抵抗になって始値前後、あるいは始値以下まで下げると考えられます。
後場に上値を抑えられなければ、その時点では298.7円に天井感がなくなります。

東京プラチナ先限は、上昇時に戻り高値を上抜く場面でギャップを開けることの多い銘柄です。本日は2月14日の高値を試す動きになっていますが、始値でギャップを開けるほどの上昇の勢いがなかったため、後場はすぐ上の戻り高値4633円を前に上値を抑えられる展開になると推測できます。ただ、基調が強気なら、本日は4633円付近で引けて、明日以降に上離れる動きになる可能性があります。
(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)


※相場参謀本部では、上記記事の解説チャートを掲載しています。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

トウモロコシ…ぶっ飛びましたね…Dr.needle
4ドル割れでウダウダ動いていたトウモロコシは、暴落する動きより先に、高値圏へとぶっ飛びましたね。先に軟派の売り方がぶっ飛びました。

高いからと買ったものの短期的な修正となり、強制手仕舞いされ、更に、ドテン売りしたものの、今日のシカゴの暴騰でまた強制手仕舞いされて「往復ビンタ」。

相場の予想とおおまかな流れは当っているのに、実際に仕掛けるタイミングで儲けを逃してしまう。最終的には、相場の神様が来るか来ないかの話しである。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

2月19日(月)版「ゴム」について=supermoney
今週も『ゴム』についてです。

先週に書きましたNラインはネックラインの290.6円を下回ったことにより消滅しています。

先週は285円を割れたら流れに変化が・・と書きましたが2/15に284.2円のストップ安をつけましたのでこれで平均線・転換線をともに割れたことになります。

そして同時にあの強いアップトレンドをも割れてきました。

12/4の190.5円と12/15の208.6円を結んだアップトレンドです。

わずか50本足らずでなんと108円幅も上昇を続けていたトレンドがとうとう割れたわけです。

金曜日は一時9.0円安まで沈みましたがその後急速に値を戻しまして一気に12円幅も値を上げるなど売り方のイケイケムードを簡単に覆すところはさすがゴムといったところでしょうか。

しかし今回のその戻しも私は慌ててトレンドのレジスタンスを確認しに行ったように思ってます。

わずかに転換線も超えて引けていますが上値抵抗のようにも見えます。
また今週は安くなる場面がくるのではないでしょうか?

次の売りに拍車がかかるポイントはやはり272円割れでしょう。

ここはネックラインに相当する2/6の安値も割れますし、基準線も割れる値段です。

ここを割れてくれば次のターゲットは255円辺りでしょうか。

ちなみに今週が大きく上げた場合は再びアップトレンドに戻ることになりますのでやはりそこは買い方針ということになります。

(月)(火)で上げなければ売り、再び290円を超えて引けるなら買いといったところでしょうか。
(参謀:バトルマスターズ)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)


テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

後場注目:プラチナの買い=伊藤
本日後場は、東京プラチナ07年12月限の買いに注目します。買いのポイントは後場寄りで、損切りの目安を前引け前の上げ途中につけた支持4566円へ設定します。
前場では、価格が急激に下げた後、前引け前に押し目をつけて上昇を開始しています。急落後の急上昇は、その押し目が強い支持になるかどうかを探っている動きでもあります。そのため、後場は、前場の高値まで一気に上げる展開になるなら、前場の安値が強い支持になっていると判断できますが、そうならなければ、目先、前場の安値以下へ下げる可能性が出てきます。
東京プラチナ先限の昨日の調整が小幅調整に過ぎないなら、本日の安値が調整の終点になって、反発を開始する(本日の終値が昨日の終値以上で引ける)公算です。基調が強気なら、前場の安値が強い支持になって、後場は前場の高値以上の値位置を目指すと考えられます。
そうならなければ、2月14日の高値4633円が当面の強い抵抗になると予想できます。

東京ゴム先限の最近の下げが一時的な調整に過ぎないなら、目先の下げは以前の支持を前に押し目をつける、つまり、本日の安値が強い支持になる可能性があります。前場では、プラチナと同様に急激に下げた後反発を開始しています。本日の安値が押し目になるとするならば、前場の安値が押し目底になって、後場は前場の高値を目指す動きになると考えられます。
ただ、本日始値で空けたギャップの幅が大きくいことを考慮すると(後場にかなり上昇しなければ強気と判断できない、前日の終値を超えなければ強気と見れない)、本日後場は前場の高値を超えられないと見ていた方が無難です。
(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

※相場参謀本部では、上記コメントの解説チャートを掲載しています。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

大豆…暴落納会もシカゴ高で相場は下げにくい…Dr.needle
昨日の納会はすさまじかった。買いハナ納会というのは聞いていたが、これほど極端になるとは想像もしていなかった。2月限は前日比2500円安の37870円。次限月とのサヤも2500円ついてしまった上、前日の高値からは4000円安となる格安納会となったのである。

その安納会もあって一時は急落に転じたが、引けにかけて再び地合いを取り戻す展開。しかも、昨日のシカゴはまた急騰したため、相場は下げにくい状況になってくるだろう。

なお米農務省が明らかにした来年度需給の概要は次の通り。大豆は作付面積が7100万エーカー(前年比450万エーカー減)、収穫面積が6990万エーカー、平均単収が41・5ブッシェルで生産高が29億ブッシェルで4年ぶりの低水準。需要合計が前年比約3%増加するため、期末在庫は今年度から2億4000万ブッシェル取り崩されて3億5500万ブッシェルとなり、3年ぶりの低水準。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

石油:自己・デイトレーダー売り、海外勢は新規買いも..Dr.Watson
米系証券のバイカイが目を引いたが、海外投資銀行系各社はおとなしいまま。その一部が安値で買いなおしする動きも見せたが本日商いの大半が自己ディーリングや、デイトレーダー中心。普段は目立つ米系大衆ファンドも動かず。珍しく委託も売り込んだ恰好となった。
(参謀:Dr.Watson)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

コーヒー:NYアラビカは理想的な底入れの形....Dr.Watson
NYアラビカは理想的な底入れの形。ここから5月高へ向かうか。日本勢は買い遅れ気味。2005年も日本勢の買いが天井となった。
(参謀:Dr.Watson)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ガソリン:4月限以降は当業者側もテコいれの意識が強い...Dr.Watson
前日後場のファンド売り込みから一転して踏み上げとなったが、それも寄り付きのみ。その後、海外金融系や取引員自己ディールの買いがみられたが、前日同様に下を狙いたい向きも多いのか、小刻みな下落を続け終日上値を削った。当限が相応の渡し物があるようで重いが、4月限以降は当業者側もテコいれの意識が強い模様。灯油は高いバリューのMOPS対比で割安感が目を引く。全般的に戻りを売りたい手が多く、ゴムや貴金属同様、委託売りも多くなかなか買いつかない相場である。これでは相場は終わりようがない。
(参謀:Dr.Watson)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

粗糖…Wボトムで当面は12¢向かいか…Dr.needle
一時10¢の大台を割り込んだNY粗糖?11期近だが、その大割れをボトムにして反発してきた。これでWボトムとなって本格的な上昇になってくるのか?

中南米の増産、タイの増産、欧州ビートの出回り期、などなどで、相場は上昇しても上値に限界がありそうだ。

特にタイのプレミアムが剥げていることで、それが需給の緩和感を誘う。ちなみに今のタイ・プレミアムは0.85¢。今月に入ってから、その水準をキープしている。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

原油…鳴いたカラスがもう笑った相場…Dr.needle
週明け12日の急落によって、期近は2ドル安、本格的な修正安によって55ドル付近まで下げるのではなかろうか…と見ていたら、またも押し目が買われて反発、文字どおり、一進一退なのだ。

サウジやカタールが減産の必要なしと発言したことで週明けは暴落したが、翌13日はIEA予想で反発した。

IEAは13日発表した月報で、世界第2位の石油消費国である中国の急速な経済成長を理由に2007年の世界原油需要予想を、従来予想の139万バレル増から、155万バレル増に上方修正した。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

大豆…おふざけが過ぎるのではありませんか…Dr.needle
先にUSDAが発表した米大豆の今季需給は輸出量の下向き修正によって期末在庫を5億9500万ブッシェルに上向き修正し、21年ぶりに史上最高を更新する見通しとなった。

この需給の悪さにもかかわらず、今年はトウモロコシの作付面積の大幅拡大の一方、大豆の作付面積が相対的に大幅減少となるとの見方から買いが買いを呼び、ついに7.5ドルを突破、8ドル向かいの展開である。

おふざけが過ぎる相場だ。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

小豆:徐々に安値・高値切り上げ=松下
○東京とうもろこし ポイント=高値 27,670円(13日高値)
陽線にて続伸、1月下旬からの持ち合いのレンジを上放れしたので、売り玉を一旦撤退とした。次なる節目は最高値1/24 28,040円となる。高値更新となるか。

○東京一般大豆 ポイント=高値 44,510円(13日高値)
陽線にて高値更新、堅調相場が続く。今のアップトレンドが続く限り手出しはしない。調整が来るまで待つ。

○東京小豆 ポイント=高値 9,490円(13日高値)
陽線にて高値更新。これまで動意のなかった相場が徐々に安値・高値を切り上げ始めている。おそらく今後上値を追う展開が来る。買い増しの検討に入る。

○東京ゴム ポイント=高値 297.7円(8日高値)
同値圏での調整。まだまだ上値を窺う展開のようだ。本格調整が来るのを待って売りたい。上昇の間は待ち。

○東京アラビカコーヒー ポイント=安値 23,320円(13日安値)
陰線にて安値切り下げ、調整が続く。安値切り下げの間はとにかく売りを維持する。問題は安値を付けてから、それまでは売り。

○東京粗糖 ポイント=安値 32,560円(13日安値)
陰線にて小幅下落、調整。まだまだ持ち合いの先端部を伸ばしており、放れが気になる値動き。上放れなら買い増し。
(参謀:松下誠)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

後場注目:ガソリンの売り=伊藤
本日は、東京ガソリン07年8月限の売りに注目します。売りのポイントは後場寄りで、損切りの目安を前場の高値59880円へ設定します。
本日前場では、始値から価格が急落した後、徐々に始値を試す動きになっています。このような値動きの場合、基調が弱気なら、急落した分のすべてを戻さずに上値を抑えられます。前場では、下げ幅のほとんどを戻しているので、本日が弱気に推移するならば、後場は、前場の終値近辺で上値を抑えられて下落する公算です。
NY原油期近の9日の高値が強い抵抗になりそうな状況になっているので、本日の東京ガソリン先限は、積極的に上値を試す動きになり難いと考えられます。だとすれば、本日後場は弱気の流れを作ると予想できます。
後場に前場の安値以下へ下げると、価格が一目均衡表の先行スパンで作る雲の下へ位置します。そうなるかどうかも注目したいところです。

東京ゴム先限は、前場で上下に壁を作ったことから、本日は前場のレンジの範囲内で推移する可能性があります。ただ、2月8日の高値が当面の戻り高値になるならば、きっかけ次第で大幅安となる場合も考えられるので、後場は、支持割れとなった時点で売りを入れておきたい場面です。
(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

トウモロコシ…週末の続伸から反落に転じるが…Dr.needle
トウモロコシも地合いが強い。4ドルの攻防ではあるが、ここから下げても限定的である。むしろ、週明けは下げたが、一時409.5ドルまで上げたことからすると、まだまだ上値指向の動きが継続される可能性が高い。

しかも、3月限が納会オチすると、次の5月限は既に415~420¢レベルにあるわけで、いわゆるサヤ出世の様相を呈することから、引き続き先高感が大きく後退するとは思えない。

個人的には、次の高値相場が来る前に、いったん修正が来ると見ているのだが、それも、なかなか来てはくれない。

なおUSDAまとめの2/8までの週間輸出検証高は3772万7000Buで、前週改定値(3324万8000Bu)から増加したが、事前予想(3400万~4100万Bu)の範囲内だった。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。