商品先物 使える!相場参謀本部ログ 2007年01月
プロフィール

エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トウモロコシ…上げへの助走か急落のシグナルか?…Dr.needle
トウモロコシはシカゴが軟弱、それに合わせて東京も小幅ながら軟調に推移する場面である。

この最近のトウモロコシの値動き。…それが、次なる上昇相場の助走であるのか、それとも急落のシグナルであるのか、それが大問題である。

このどちらとも受け止められる動きには悩ませられる。既に買っている人、売っている人、ともに、ハラハラの場面である。

個人的には、「少なくとも新規で買いたくはないなぁ~」とのインプレッションである。そう、相場は、確率が大事なことも、けっこう多いのである。当然ですが…。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

スポンサーサイト

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

原油…サウジの発言による急反落か…Dr.needle
29日のNY原油は急反落に転じた。サウジアラビアのトルキ駐米大使が「50ドルが適正」と発言したためだ。

そう…つまり、「そんなにガッツクなよ。50ドルもあれば、十分に利益だろう」…と、他の生産国に牽制したものと考えられる。

実際、中東の原油の生産コストは、バレル平均5ドル。低いところで2~3ドル。これに減価償却費や輸送などの他の諸経費を入れても15~20ドルがせいぜい。それが、50ドルもしているのだから、「おまえらウハウハだろう。だったら、そんなに贅沢なことは言うな」…ということなのであろう。賢い。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

コーヒー…21世紀中で最も遅れた上げ相場?…Dr.needle
NYコーヒー相場は目先の底入れが完了したものと見られる。1/24の安値115.30¢が目先の底で、ここをボトムに上昇相場に入ってくると考えられる。

次の上値の目標は130¢。更に次のターゲットは140¢。この二つの相当きつい抵抗を突破することができるのであれば、一気に2ドル相場となる可能性も出てくるだろう。

歴史的には、21世紀に入り、最も遅れた上げ相場銘柄として記憶されるのかもしれない。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

コーン:CBOTオプション納会1週間前まで上昇するか..Dr.Watson
東京コーンは前週後半の安値での商いを見る限り、大手商社の1日商いで買い戻しが大きく勝ったようにみえる。シカゴコーンはオプションの取組を見る限り、週明け安値は買われオプション納会1週間前の2月半ばまで上昇、反落した後、その納会から更に上昇する見通し。
(参謀:Dr.Watson)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ミネソタ州から見るエタノール=JJNY
Good Morning♪
今週のアメリカも寒い予報がでています。少なくとも今週いっぱいは寒い予報が出ています。

現在の風が吹いたときの気温はこちら。
NYの10日間予想はこちら。

Crude Goes Above $55 a Barrel On Cold Weather, OPEC Cut (ウォールストリート・ジャーナルより)

先週、例年よりも寒い天気でヒーティングオイルの需要が上がっていると。
この寒さは少なくとも2月の第一週(つまり今週いっぱい)まで続くと言われており、その寒さは通常の華氏12~16度以下(摂氏-8.8度~-11.1度)と言われています。

添付した画像(見づらいと思うので、綺麗なものは上のリンクから行ってください)
風が吹いたときの気温です。アメリカでは冬に限ってあちこちの天気予報で予想気温とは別に、現在のwind chills(風が吹いた時の気温)と言うことで表示がされます。
これは表示されている気温は風がないことが前提なので、実際、風が吹いていることを実感して感じるのは予想気温よりも低いハズではと言うことで、こういう風が吹いた時の気温も表示されます。

北極圏からの冷たい空気が中西部、ウィスコンシン/ミネソタ州へと流れ込み、その寒さが東へと流れています。

この天気のタイプは3月の最後ぐらいまで寒さが続くパターンであるとし、そこまではヒーティングオイルの需要・供給が増えるだろうと見るのだそう。

寒いと自然にヒーティングオイルを使わざるを得ないので需要は自然に上がる計算なので、需要がすでに見込まれていると言ったところでしょうか。

Minn Ethanol Indus Created $2.8B In Econ Impacts - Report (Commodity News for Tomorrowより)

ミネソタ州の農務省のレポートによると、2006年のエタノールが州に与えた経済効果としては、28億ドルにものぼり、1万もの雇用を増やしたと。
現在、ミネソタ州には16のエタノールプラントがあり、総合して6億2000万ガロン生産可能としています。また5件の新しいプラントがすでに建設中であり、完成すれば新たに4億5000万ガロンが生産可能としており、2008年までには10億ガロンのエタノールが生産可能とし、50億ドルの経済効果があるとしています。また1万8000人の雇用を生むとしています。

エタノールはトウモロコシ農家だけに嬉しいニュースではなく、市民にとっても雇用機会が増えるチャンスとなっている様子です。

ミネソタ州は全米4番目に多くトウモロコシを生産する州ですが、その中の15%だけが州のエタノール生産に使われ、あとの57%は他へと出荷され、その他の17%は家畜の飼料として使われている模様。
それでも2008年までには州で生産するトウモロコシの四分の一はエタノールに使われるだろうと言われています。

これはミネソタ州だけのレポートなのでこのようになっていますが、トウモロコシ生産1番と2番のアイオワ/イリノイ州はまた違った数字になっていると思います。

さて、今週も元気に頑張っていきましょうか♪
(参謀:バトルマスターズ)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

1月29日(月)「銀について」=supermoney
さて今週は『銀』についてです。



現在の銀は12/29の493.7円をネックラインとし、12/22の472.3円、1/9の468.0円をボトムとしたダブルボトムのターゲット519.4円をぴったり取った事により少し修正ムードが出ています。

しかもこの520円近辺は
4/20の520.2円、12/4の521.5円、12/15の521.7円などが存在しているところです。
つまり上値抵抗の密集地帯ですね。

アップトレンドは6/15の346.3円と9/20の402.5円を結んだものをメインとしています。
10/5のブレイクはワンデイブレイクでしたので、むしろこのトレンドをワークさせたと見ています。

そして1/9の468.0円でも意識をされていると思いますのでこのトレンドはかなり強力と考えます。


均衡表は好転。
基準線を上回って7営業日が経過。
雲を超えて4日が経過しました。

流れは完全に上ですね。


目標としましてはまず、6/15の346.3円~9/5.6.7の486.5円までの幅を10/5の400.9円から取るNラインターゲットで541.1円。

次に10/5の400.9円~12/15の521.7円までの幅を1/9の468.0円から取るNラインで588.8円と考えます。


しばらく長期保有の玉として買いを仕込みたいですが、銀の場合本当に長期保有にしてしまいますと商いのない限月に移行しかねませんので注意が必要ですね。

しばらくは押し目買い方針と考えます。
(参謀:バトルマスターズ)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

大豆…一番売りたい銘柄なのだが…Dr.needle
トウモロコシ以上に弱気をしたいのが大豆だ。テクニカル指針も同様に売りシグナルなのだが、それ以上に需給の悪さが目につく。

大豆の生産は、なんといっても史上最高なのである。これを無視して、単純にトウモロコシの作付面積の減少だけで、ここまで買われてよいのか…という疑問がある。世界的な規模でもブラジルなどでは大増産であり、こんな中で、相場=価格だけがこれだけ上げてよいのか?という疑問を抱いている。

いずれ、近いうちに大暴落するだろう。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

後場注目:ゴムの買い=伊藤
本日後場は、東京ゴム07年6月限の買いに注目します。買いのポイントは、280円以下で、損切りの目安を前場の上げ過程で作った支持279.2円へ設定します。
東京ゴムは、昨日と本日の上げにより、1月24日が強い抵抗ではないことが判明しています。上昇が勢いづいている場面で、目先の上値余地を確認できたことから、本日後場は、前場の上昇の流れを継続する公算があります。強気の見方が正しければ、後場は、そのまま上昇するか、いったん上値を抑えられてから上げるかのどちらかが考えられます。後者の場合、昨日の終値278.3円と本日の始値278.8円の間の差を埋めずに反発する可能性があるので、280円以下を押し目買いの目安として、損切りの目安を本日の始値近辺にできた支持279.2円にしています。

東京プラチナ先限は、1月24日以降の下げが上げ途中の調整と同じ大きさのものになるなら、本日の価格が下げても、終値で24日の終値4458円以下にならないと考えられます。本日の価格が下放れなかったことで、少なくとも本日は下値堅く推移する可能性があります。1時30分までの時間帯で4458円以下があれば、急落した反動が期待できるので、その押し目は拾ってもいいと言えます。
(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

※相場参謀本部では、本コメントの解説チャートを掲載しています。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金:一旦調整入りもあり=松下
○東京金 ポイント=安値 2,519円(25日安値)
陰線にて高値・安値切り下げ、一旦調整入り。時間帯的に調整入りも充分あり得る時間帯。少し深い調整になるのではないか。26日も陰線にて高値・安値切り下げとなれば一旦買い玉を利食い。

○東京銀 ポイント=508.3円
金同様に陰線にて高値・安値切り下げ。こちらも26日安値切り下げの陰線引けとなれば一旦利食い。 

○東京白金 ポイント=安値 4,450円(24日安値)
陰線引けにて調整を思わせる下げ。こちらも金同様に26日陰線にて24日安値切り下げを見せれば一旦利食い。

○東京ガソリン ポイント=安値 55,820円(24日安値)
十字線で相場は迷いを見せている。26日は新甫発会となるがNY市場の若干の下げもあり、一旦調整ではないか。問題は19日安値52,880円を維持できるかどうか。調整に注目したい。

○東京灯油 ポイント=安値 51,040円(25日安値)
陰線にて高値・安値切り下げ、調整入り。こちらもガソリン同様今後の注目は17日安値47,920円を維持できるかどうかとなる。調整の安値に注目したい。
(参謀:松下誠)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ゴム…値頃を探る動きもまた相場なのである…Dr.needle
ますます、いやらしい相場なのである。模様眺めであるのなら、それも相場であるため、いたしかたないのである。

ここしばらくずっと、ゴム相場の立ち上がりは物静かだ。昨日もいったとおり、その様はまるで淑女のようだ。今日あたりも、寄り付きはまるで眠っているかの如しの相場なのである。商いも10分過ぎでようやく1000枚を数えるだけである。

既に、強材料は織り込み一巡だし、他商品もテクニカル・ラリー(穀物だけは暴落しているが…)なのだから、ゴムも、少しはおとなしくしていても、不思議ではないのである。

そのうち、材料とか、他市場からのインパクトもあるだろうから、調整しつつ、値頃を模索するのも、また相場なのだと思う。

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金…ドル安に対する反応は限定的…Dr.needle
24日のNY。金は小幅高。そして、銀も同じように小幅高、一方、プラチナは逆に小幅安という流れであった

為替がドル安に振れたために、小口の買いが主導した…ということで説明はつくが、なんにせよ反応は薄いし、依然として金はテクニカル・ラリーの最中である。

まぁ、正直、諸情勢の読みが難しい。今日あたりは、原油は続伸したもの、穀物が暴落しているのだから、方向性を見失うのも当然なのである。

また例の一般教書演説も、イラクの2万人の軍拡充が意味することが分からないことも不気味だ。一説では、イランへ展開させるための前準備という話なども飛び出している…正直、分からん。僕は軍事評論家ではないから。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

コーヒー…調整安でしばらくは我慢の展開…Dr.needle
調整安が続いているのである。この動きによりNYコーヒーは節目の120¢を割り込んできた。

ただしそろそろ安値出し切りだと考えたい。次のステップに移行するには、どうしても調整が必要なのである。だから瞬間的には110¢付近まで下落することも覚悟しておかなくてはならなるまい。

ただし長期的には高い相場だと期待している。一昨年の140¢近い高値に接近する動きとなるのは、今年3~4月ころの見通し。それまではじっと我慢の展開か。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

原油…米備蓄在庫の補充は強材料なのか?…Dr.needle
「来るのが遅い」…という感じである。またしても、右往左往しているうちに、買い方も売り方も逃げてしまうのである。そして、皆疲れた後に、相場はやっとくるのである。

23日のNY原油は、米国産標準油種WTIは2週間ぶりに55ドル台を回復。中心限月3月物は前日終値比2.46ドル高の55.04ドル。

米エネルギー省が取り崩していた戦略石油備蓄(SPR)を補充すると発表したことを受けて急反発した模様。

しかしこの米政府の動きは、これまで備蓄を取り崩さなくてはならないほど、供給に不安を抱えていたものが、最近の供給不安解消で、在庫を増やしてもよいほど事態の深刻さは解消されている…と宣言しているようなもので、実質的には弱材料かとも受け止められる。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

一般教書演説速報:2017年までに350億ガロン=JJNY
Good Morning♪
アメリカではすでに終了しているんですが、よく見ていたドラマに『The West Wing(邦題:ザ・ホワイトハウス)』と言うものがあるんですが、そこでは大統領とその周りの側近達の日常を描いている政治ドラマです。日々、ホワイトハウスをとりまく環境、政策決定などがよく見えるだけでなく、描いている内容が実際の時事に基づいて作られているので、ホワイトハウスでの物事の決め方とか、どう世界を見ているかがよくわかって面白いんです。

で、何でそんな話題?と言うと・・・。

Twenty In Ten: Strengthening America's Energy Security (ホワイトハウスより)

ホワイトハウスが今日ブッシュ大統領がする一般教書演説の内容を発表しました。

エネルギーに関しては、10年間でガソリン使用を20%減少へ目標値を設定。それによって現在のエネルギー法で定められた2012年までに75億ガロンのエタノール使用を2017年までに350億ガロンに目標設定。またこの数値は義務化される見通し。
また国家戦略である石油備蓄を現状55日分の6億9100万バレルを、2027年までに97日分の15億バレルに引き上げる目標を掲げている。これは、石油需要の増加によってハリケーンやテロなどによる一時的石油危機を回避することが目的。

ホワイトハウスではブッシュ大統領の演説の前に大まかな枠組みが発表されています。

まずはCNNでも報道されているエネルギーの問題からお伝えしました。

Bush to Democratics: Let's cooperate to 'achieve big things' (CNNより)
(参謀:バトルマスターズ)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

トウモロコシ…先週末シカゴは反落するが…Dr.needle
先週末、19日のシカゴ・トウモロコシは、反落した。期近3月限は、前日比5.50¢安の406.75¢。一部プラスサイドに振れる限月はあったが、総じて下げた。3月限は一時414.5セントまで上げたが、直近高値である420セントには届かないと判断されるや、ファンド勢の売りが主導した。

インフォーマ・エコノミクス社は07/08年度のコーンの作付面積見通しを8561.2万エーカーとし、前年実績を728.5万エーカー上回ったが、同社の12月見通しである8592万エーカーを下回った。また農務省が発表した1月11日までの週間輸出成約高は142万5500トンで、前週の117万6800トンから増加し、事前予想である80万~105万トンの上限を上回った。今年度累計は3298万トン。

今週、ターニングポイントが来るのかどうかに注目している。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ゴム…週末の利食いによる暴落から今週は?…Dr.needle
週初めから買いが先行して、その流れが週の終盤まで続き、そして、最終的に、週末はポジション調整で反落する…こんな展開が、今年に入ってからのゴム相場のパターンである。これが引き継がれるのであれば、今日、週明けのゴム相場は高いはずである。

こんなことを書いているうちに、そろそろマーケットが開ける時間となってしまった。

…当限は変わらずでスタート。今週はいったん様子を見ようとする流れになるのか?

とにもかくにも先行きの見極めが難しい相場であるが、けっこう高値圏にあるため、新規で仕掛ける場合は、売りのほうが得策であろう。何事も行き過ぎ、やり過ぎはダメである。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

1月22日(月)版「NY金」について=supermoney
今週は『NY金』についてです。

現在のNY金は5/12の732.0ドルと12/5の654.2ドルと1/3の647.3ドルと1/17の634.8ドルが結べるワークしまくりのダウントレンドが存在しています。

これから先、金が主導権を握っていくにはこのダウントレンドをブレイクしていかなければいけません。

さらに注目するラインがあります。

10/4の563.5ドルと10/24の576.0ドルを結ぶアップトレンドです。

これは12/18に615.1ドルでワークを確認した後ブレイクしまして、三尊天井を形成させるかのようにみせかけました。

しかしターゲットを取ることはなくあっさりとネックラインを突破してしまいました。

しかし、ダウントレンドの最後のワークポイントの1/17の634.8ドルのところをよく見ますと、先程の10/4を起点としたアップトレンドによるレジスタンスの確認作業にもなっています。

つまりダウントレンドとアップトレンドが交差するところなわけです。

今回のNY金はダウントレンドをブレイクすれば当然買い方針てなりますが、先程のアップトレンドに再び戻るようなことになりましたら、それはもう強いでしょう。
(参謀:バトルマスターズ)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

楽天(4755) =FPeye
昨日はTBSが同社の保有する株式について買取を検討していると一部で報じられたことで売却益への期待から、ストップ高比例配分となったが、本日は一部外資系が強気見解を示したことで思惑から一段高が期待できそうだ。もっとも、利益確定の売りが先行する可能性があり、買い一巡後の緩んだところを狙うスタンス。62000円ロスカット。
(参謀:FPeye)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

ゴム…迷走相場はこれからは下値に警戒…Dr.needle
なんだか先の見えない相場…と言って来たゴム相場だが、これからは、ますます迷走するだろう。

というのは、確かに、最近までは、タイバーツ高、中国政府の関税引き下げ、ウィンタリング(落葉期)控え、インドネシア政府による輸出制限…などの強材料で上げてきた相場ではあるが、材料が一巡気味であるためだ。

今後は、原油の暴落が強く意識され、下げ歩調になることが予想される。逆に、高くなるようであれば、ここは、「相場が間違っている」とも考えられる。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ゴム…実質的には関税引き下げ?…Dr.needle
ゴム、今のこの相場に対する見通しは、難しいものがありますね。ここから更に一段と上げるという方は沢山いると思います。逆に、安値から80円も上げたので、もういいとこ…と見ている人もいるかと思います。

そうなのです。このようなセンチメントだからこそ、ゴム相場の今の状態は仕掛けにくいわけです。

中国の関税引き下げに関しては、一律20%かけるのではなく、トン26000元でも可とする方策を取った模様であり、ちょっと分かりにくい。ただし一般的には強材料(実質的な関税引き下げとなったため)と受け止められているようだ。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

サウジの冷や水=JJNY
Good Morning♪
寒い冬ではないのですが、脳が冬=寒いと言う方程式のもとで動いているようで、自然に寒い・・・と言ってしまうこの頃。でも、実態は温暖化で大変なことになっているんですよね。
昨日、News23の環境スペシャルを見て、日ごろの忙しさに忘れていたことを呼び戻してくれたような気がします。

Oil Drops to Near $51 a Barrel, Reaching a New 20-Month Low (ウォールストリート・ジャーナルより)

Oil fall sharply after Saudi comments (フィナンシャル・タイムズより)

思ったよりも早くサウジが口を開きましたね。
私の関心はサウジが口を開いた裏側が知りたいです。サウジ自身の意見なのか、アメリカなどからの圧力+の意見なのか。

フィナンシャルタイムズでは、「poured cold water(冷や水を浴びせる)」と言った言葉を使って、意味的にはサウジが原油市場に冷や水を浴びせたと言った感じに。

サウジのナイミ石油相は、石油市場はとても健全であり、更なる減産は今のところ必要なく緊急会議の必要もないとコメント。サウジのコメントはとてもベア的であり、価格がさらに下がる懸念もあると。一時的なサゲ相場にもと。

ただ、今のところどんなにサウジがコメントをしても、更に原油価格が下がるようであればOPECは再び減産を検討しなければいけない状況になるのでは?と。
ウォールストリート・ジャーナルとしては、サウジのコメントは一種のリップサービスのようなもので、これから何らかの行動を取るための前置きでは?とベアなりにポジティブなしめ方をしています。


昨日、オクラホマ・テキサス州は冬の嵐で緊急事態さえも言われてた状況でしたが、テキサス州では再び寒波に襲われているよう。
肝心な北東部は昨日出ていた雪の予報がじゃっかん緩和されたもよう。ただ、メイン、バーモント、ニューハンプシャー州と言ったニューイングランド地方の北部とニューヨーク州の北部では危険な状況までもの寒波に見舞われているもようで、低温注意報のようなアラートが出ています。
大雪のニュースは入っていないので、原油相場に影響を及ぼすにはイマヒトツ。
(参謀:バトルマスターズ)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

原油…OPECのサポートが原因と判断される…Dr.needle
連休をやっと明けた16日のNY原油は暴落。2月物は一時50.55ドルと、ほぼ1年8カ月ぶりに51ドルを割り込んだ。すさまじい暴落である。

OPECによる追加減産の可能性が薄れたことが原因とされているが、実際には、そうではなく、「もうOPECの力だけで、原油の需給の崩れを解消することはできない」と市場が判断したからなだろう。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

クウェートがしゃべった=JJNY
Good Morning♪
今朝の地震、みなさん知ってますか?なぜか、私の周りの先輩達は気がつかなかったみたいです。そりゃ、爆睡中の夜中でしたけど・・・。んー。
私が地震に敏感すぎるからなのかしら。

さて、昨日のニュースになるのでご存知な方も多いかと思いますが・・・UAEの石油相が発言しました。

原油価格さらに下落ならOPEC緊急会合も=クウェート石油相 (ロイターより)

私の中での図式は、

アルジェリア・イラン・ベネズエラと言った国が発言


クウェートがボソボソ

UAEがボソリ

サウジがボソッ


会議

減産

と言う感じなんです。
OPECの中でサウジ・クウェート・UAEの三ヶ国は同調する仲良しグループのような気がするんです。生産量はサウジがダントツ一番ですが、サウジの一言にクウェートもUAEもあまり反論せず、「そうだねぇー、やろっかー」みたいな感じで同調する傾向が強いと思います。
クウェートが口を開いたとすれば、次はUAEかサウジが口を開くと思うんですよね。

どのみち今週末、インドでサウジとUAEはコンベンションで顔を合わせることになるので、そこで緊急会合があるかもしれませんが、本格的な減産案は2月の減産が始まってからだと思います。

Gold may rise for 2nd week as alternative to dollar (BBJより)

ロシアや中東の産油国を中心に資産をドルから金へと移す流れか本格化。
ロシアの中央銀行は2.2%増やし、394.1トンへと金保有を増やしたと。

・・・なーんかドル資産の話題にも飽きてきたなぁ(笑)
以前から動き始めていることなので、目新しい話題でないことは確か。

ただ、確実に動き始めていると言うことと、ここ最近、金が低迷していたと言う要素も保有を増やそうとしていた国にとっては買いやすい状況になってきたと言うことなのかもしれません。
国が保有を増やせば、ETF同様、動かない資産になってくるので現物市場においても需給関係に多少なりと影響が現れてくるのではないかと見ています。
(参謀:バトルマスターズ)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金…今、旬なのは素材ではなく穀物…Dr.needle
NYはキング牧師誕生日で休み。先週末の大幅上昇をどう評価して、今日の東京が動くのかに関心が集まる。

マーケットとしては、今、NYというよりはシカゴが旬である。なぜなら、調整期に入って、先が見えにくい素材より、完全、吹き上がり相場となっている穀物のほうが扱いやすいからだ。

高値で買いにくい相場だといえ、大勢が右肩上がりとなっているのは明らかであり、問題は、「どこで買い仕込むのか?」という、比較的分かりやい相場であることが、うれしいといえばうれしい。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

コーンはコーンなにあがる=JJNY
Good Morning♪
朝っぱらから寒いジョークだったかしら(笑)
暇があれば、直接、トウモロコシ農家などに話を聞きにいきたいくらいだわ。こういう時、島国って言うのは不便ですよね(笑)

さてさて、今日の更新はトウモロコシからです。
アメリカは15日、Martin Luther King Jr's Birthday(キング牧師の誕生日)でお休みです。なので夜間もありません。夜間をお伝えできるのは明日の朝からです。

Corn Prices Are Poised to Pop (ウォールストリート・ジャーナルより)

トウモロコシの価格は今後2・3年の間に前例のない価格まで暴騰するだろうと予測。これもそれも、アメリカでブームになっているエタノール需要によってで、その影響で家畜への飼料、一般家庭への食料へのトウモロコシ供給が限定的になっていると。
これが次第に、低所得層にとっては厳しい状況を突きつける状態になり、インドネシア、エジプト、アルジェリア、ナイジェリアやメキシコでは食料をかけた暴動がおこるのでは?とレスター・ブラウン氏は予測。
メキシコではトウモロコシ価格が暴騰のため、トルティーヤの価格が前年の15%も上昇。日本人のお米のような存在なのでメキシコ人にとっては死活問題に。お店によっては20%も割り増ししてふっかける人もいるとか。
政治レベルではトウモロコシ価格のコントロールが必要なのではと言い始めている。トウモロコシ供給が減ると価格操作などで不当な価格をふっかける人もでてくると懸念されています。
2008年の収穫までにアメリカのエタノールプラントによる必要になるトウモロコシは、1億3900万トン必要としており、この数字はUSDAが予想している6000万トンをはるかに超えると言う。

JPモルガンでは、エタノール産業の急成長により5億~10億ブッシェルのトウモロコシが毎年必要になると予測。このため、トウモロコシの高価格が約束されたようなものと見ている様子。

ウォールストリート・ジャーナルでは、エタノール需要に上昇するトウモロコシは、以前まで価格安で悩んでいた農家を助けるよりも、今後の需要で供給不足になるほうがよっぽど深刻な状況であると言う見方さえもしています。

ってことは、やっぱり車社会のアメリカ。
エタノール需要はもっと深刻になる見通しなんでしょうね。
となると、アメリカの輸入に頼っている日本は今よりももっと深刻な状況を突きつけられると思います。そうなると、海を越えたニュースでなく、実際に日本の牛乳や食肉等に影響が出てくるのは避けられない事実かと。
(参謀:バトルマスターズ)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金…急反騰とビックリのポジション調整…Dr.needle
1/12のNY金相場は、急騰。今日、週明けの東京はこのNY高に乗っかって大幅上げとなるに違いない。NY期近2月限は前日比13.1ドル高の626.9ドル。特にNY銀が一気に13ドルに接近するほど跳ね上がる展開となったことに後押しされた。

それより、もっと直接的な材料としては穀物高にあると見られる。「ええ?もう修正安が終わったの?」という感じのトウモロコシの上げに、かなりの刺激を受けているのではないだろうか。

ところで、このNY金市場で、一つ、驚いたことがある。CFTCがまとめている週末現在のファンドの建玉の動きである。

     買い   売り  差引   変化
2007/1/9 105157 -52289 52868 -25015

一週間で25000枚ほども買いが減り、この金も売りと買いとの力関係がバランス化してきている。これは、それだけ内部要因が健全化していることを意味している。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

トウモロコシ…USDAの統計内容が好感されて急騰…Dr.needle
USDAはトウモロコシの最終生産高を105億3500万Buと発表、前月見通しの107億4500万Bu、また事前予想平均の107億0600万Buを下回った。

06/07年度の期末在庫は7億5200万Buとなり、前月見通しの9億3500万Bu、事前予想平均の8億9300万Buを下回った。12/1在庫は89億3000万Buで、前年同期の98億1500万Bu、事前予想平均の91億0700万Buを下回った。 
更に、06/07年度の期末在庫を1億8300万Bu引き下げたが、内訳は、供給項目の期初在庫400万Bu、生産2億1000万Buそれぞれ引き下げ、消費項目の飼料7500万Bu、食品・種・工業用500万Buそれぞれ引き下げ、輸出5000万Bu引き上げとなった。

12日のシカゴ・トウモロコシは、このUSDA統計が好感されて暴騰。期近3月限は、前日比20.00セント高の396.50セント。2番限以降は4ドルに乗せ、軒並みに大きく値位置を引き上げた。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ゴム…手が出ない困った相場…Dr.needle
複雑である。確かに、玉石混合。上げても下げても不思議ではない相場である。一般的なセオリーからすると売りだが、どうも、しっくりしない。こんな場合は、やっはり「見(けん)」であろう。

もう、9時を過ぎたから、取引は始まっているが、現在、期中から期先にかけた限月は続伸である。期中4月限はウィンタリング(落葉期)限月であるが、けっこう高くなっている。

原油など石油が安い中で、異様ではあるが、為替が円安に振れていることからすると、妥当といえば妥当。ただ、なんとも解釈が難しい。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金色のトウモロコシがもたらすもの=JJNY
シカゴコーンはシカゴ時間23時5分時点で、
トウモロコシ3月限 375.60セント
となっています。

Corn Gains as Data Near; Crude Oil Extents Slide (ウォールストリート・ジャーナルより)

USDA発表の生産&在庫データーによると、2006年度収穫のトウモロコシはUSDAが予想したよりも少ない10億7060万ブッシェルになると予想。詳しい最終報告は現地時間の12日(今日)に発表予定。なので日本では明日、明らかになる予定。

またUSDAの予想では今年エタノールに使われだろうとされるトウモロコシは今現在予想されている数字プラス10億ブッシェルとしており、完全なるトウモロコシ不足が予想されるとしてる。
そのようなコメントからトウモロコシ価格は高騰。
今年のトウモロコシ価格はシカゴ農産物トップアナリストの一人は、今後もトウモロコシ価格は上がるしかないと見ている。または、畜産物を扱う家畜農家にとっては「トラブル続きの一年」になると。

またトウモロコシ生産国であったハズの中国の輸出量は2005年の収穫分よりも60%落ち込んでいる。自国内での家畜への需要やエタノール需要と言った需要増加が輸出に回す余力がなくなっていると見ている。

とすると、トウモロコシがもたらす環境としては・・・、

トウモロコシ農家→エタノール需要+輸出増加でバンザイ q(^^)p
家畜農家→飼料価格が高騰。食肉価格も値上げにもつながるが、飼料価格の高さで相殺 --;
一般家庭→トウモロコシ価格高騰で飼料価格が値上がったために、牛乳や食肉価格が高騰。食費圧迫の材料に。

と言うことになります。

一番、もろ手を挙げて喜べるのはトウモロコシ農家と、今現在稼動中のエタノール企業でしょうね。
今後、エタノールプラントが増えれば、生産過剰になる年が必ずくるので今のうちに稼げる分だけ稼ごうとするとは思いますが・・・。

さび病懸念もそれほど強くないことは、大豆への作付けも広がるとは思います。
今年の穀物も今のところは強いんじゃないかな。

あ・・・、でも土壌はどうなってるんだろう・・・。
この冬は雨が多いとされているので、作付け時の土壌が水分でビタビタであれば、ちょーっと作付けが遅れる可能性も。そうなれば、さらなるトウモロコシなどの価格に反映されてきますね。


東京コーンも先物1月限は、12月28日の高値25,450円を午前中に抜けましたね。
今現在は落ち着いちゃって、25,340円に戻ってしまいましたが・・・。
一度、抜けて抜け切れないということは、まだ抵抗が残っているところでしょう。
明日、USDAの発表を受けてどうシカゴが動くかで、月曜日の値動きに関わってくると思うので、今日はこんなところかな?と言う感じではないでしょうか。
(参謀:バトルマスターズ)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

原油…53ドル台の新安値「うわっ」…Dr.needle
うわっ。また下がって53ドル台である。これまた新安値。9日のNY原油は、時間外取引で2005年6月以来1年7カ月ぶりの53ドル台。米北東部が暖冬で石油需要が低迷していることが、引き続き弱材料になっている。

昨日は、川崎汽船が運航する大型タンカー「最上川」がホルムズ海峡入口付近で米原子力潜水艦「ニューポート・ニューズ」と接触する事故があったが、材料にはならず。原油の流出はなく、けが人もなかったためだ。

いずれにしても、当面も材料待ち。このままではテクニカル的にまだ下落する流れになりそう。
(参謀:Dr.Needle)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。