商品先物 使える!相場参謀本部ログ 個別株
プロフィール

エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンク(9984) =FPeye
1月の携帯電話契約数によると、ソフトバンクモバイルの純増数は16万4000件(うちMNP制度の分は-1万)となった。10万件を超えたのは旧ボーダフォン時代を含め3年1ヶ月ぶりでポジティブサプライズに受け止められる可能性が高い。株価は売り方の買戻しを誘発しながら、3000円処を意識した動きになりそうだ。2800円ロスカット。
(参謀:FPeye)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

スポンサーサイト

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

NISグループ(8571)=FPeye
5日に発表した07年3月期第3四半期累計決算は、売上高が前年同期比40.7%増の597.96億円、経常利益は同5.4%減の89.22億円と増収減益となった。上期に利息返還損失引当金の関連費用を特別損失に計上し、業績予想を下方修正していたため。足元は利息返還費用はさらに増加しているものの、子会社ニッシン債権回収が計画を上回って推移していること、連結子会社NIS不動産 において不動産売却収入の追加計上が期待できること、単体の不動産担保ローン向けに積み増した引当金の取り崩しが見込まれることなど--から会社計画は達成できると予想される。

一部外資系によると、悪材料はほぼ出尽くしで、現状バリュエーションに鑑みれば、法改正リスクが少なく来期以降に二桁成長が期待できる同社株価は割安な水準にあるという。株価は70円前後を明確に抜けることができなかったことで調整基調にあるが、一目の雲上限は打診買いを入れてみたい。59円ロスカット。
(参謀:FPeye)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

楽天(4755) =FPeye
昨日はTBSが同社の保有する株式について買取を検討していると一部で報じられたことで売却益への期待から、ストップ高比例配分となったが、本日は一部外資系が強気見解を示したことで思惑から一段高が期待できそうだ。もっとも、利益確定の売りが先行する可能性があり、買い一巡後の緩んだところを狙うスタンス。62000円ロスカット。
(参謀:FPeye)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

ソフトバンク(9984) =FPeye
基本料月額980円の新料金プラン発表を受けて、一部外資系が売り推奨を削除したことで売り方の買戻しが期待できそうだ。目先は直近の戻り高値である2565円を突破できるかがポイントになる。その場合、10月高値2790円も視野に入りそうだ。2400円ロスカット。
(参謀:FPeye)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。