商品先物 使える!相場参謀本部ログ 戦術
プロフィール

Author:エム・ケイ・ニュース「Futures Japan」編集部

日本唯一、先物マーケットにこだわった情報誌「Futures Japan」編集部です。海千山千の参謀たちの知恵とアイディアを、ブログ読者の方たちだけにこっそりお送りします!

相場参謀本部

「相場参謀本部」本体はこちら!

「相場参謀本部」の全ての記事を読むには 会員登録(無料)が必要です。

最近の記事

協賛サイト

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

※注意事項※

◆ 本サイトで言及している投資戦略・戦術およびトレーディング・アイデアは高いリスクを伴う可能性があり、すべての投資家に適切な投資対象であるわけではありません。これらの投資戦略・戦術やアイデアをご自身の運用に採用される場合には、ご自身の投資経験や知識ならびに資金力等を十分にご勘案のうえご判断ください。

フリーエリア

Technical Cracker’s (Futures Club) お気楽極楽投資クラブ

使える!相場参謀本部ログ
商品先物・為替のプロがあなたをサポートする「相場参謀本部」ブログ!提供はエム・ケイ・ニュース社です。
>>相場参謀本部のホームページ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金:再び上値追いか=松下
○東京金 ポイント=高値 2,927円(27日高値)
寄付きにて安寄りも買い上げられての陽線引け高値切り上げ。
やはり相場は強い。今後も高値・安値を切り上げるようなら買いが続く。



○東京ガソリン ポイント=安値 75,420円(27日安値)
陽線引けも高値・安値切り下げ、調整に入るのか。
もし今後安値切り下げで調整に入れば、ニ番天井完成で下げ幅も
相応の深さになる。下落基調になれば、戻り売り。


○東京ゴム ポイント=高値 282.8円(27日高値)
寄付きにて安寄りも買い上げられて陽線にて高値切り上げ、
強い相場つきが続く。
今後も徐々に安値・高値を切り上げる展開になるのではないか。
引き続き買い場を探す。


○東京とうもろこし ポイント=安値 30,110円(27日安値)
窓を空けて急落、前回安値22日30,400円を更新し、更なる安値を目指す。
ひょっとするとここからの本格調整入りも充分考えられる。


○東京アラビカコーヒー ポイント=安値 22,260円(27日安値)
窓を空けて下落、一旦底値を試す。先ずは安値切り上げを待つしかない。
底入れを待つ。

(参謀:松下誠)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

スポンサーサイト

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

アラビカコーヒー:方向はどっち=松下
○東京白金 ポイント=高値 5,324円(7日高値)
金を始めとして、連日の高値相場でうかつに手も出せない状況。
白金は高値での持ち合いを形成しており、その点に注目したい。
セオリー通りなら、まだ上へ行く。


○東京ガソリン ポイント=高値 79,880円(7日高値)
寄付きにて安寄りも買い上げられての陽線引け。
相場は依然として強い。過熱感も感じられず、不気味な気配が漂う。
まだ様子見。


○東京ゴム ポイント=高値 312.2円(7日高値)
オイル同様、安寄りも買い上げられての陽線引け。
まだまだ強気相場が続く。調整を待つが、調整後は再度上値追いの相場が
待っているのではないか。
まだまだ上値は深いのではないか。


○東京とうもろこし ポイント=高値 33,070円(7日相場)
下落調整も安値を買い上げられの陽線引け。
まだまだ強い相場つきが続く。商品市況全体がステージの違う価格に
突入しているような感がある。
まだまだ上値を伸ばすのではないか。


○東京アラビカコーヒー ポイント=高値 23,000円(8日高値)
下落も陽線引け、方向感が定まらない。ボラティリティも低下しており、
動意を待つ状態か。
動意が上に出れば、迷わず買ってみたい。

(参謀:松下誠)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

後場注目:プラチナの売り=伊藤
本日後場は、東京プラチナ08年10月限の売りに注目します。売りのポイントは5235円以上で、損切りの目安を前場の高値5248円へ設定します。
東京プラチナ先限の10月15日以降の値動きが転換点もちあいなら、本日後場は、2日に開けたギャップを前に上値を抑えられた前場の高値が強い抵抗になると考えられます。その場合、本日は、前場の値動きの範囲内で小幅に推移するか、下値を試す動きになると感がえられます。前場では、下値を切り下げて弱気の流れを作っていることから、後場は前場の流れを継続する可能性があります。下値を試す動きになるならば、本日後場は、終値で2日の値動きの中心値5196円よりも下の水準まで下げるかどうかが焦点となります。中心値よりも下方で引けると、明日以降、価格が下放れて、11月1日が戻り高値になる公算が大きくなります。5196円を前に下値堅く推移するならば、その後は堅調な展開となった後、上昇を開始するという可能性を残します。

東京灯油先限は、本日前場に前週末の高値と並んだ後、価格が下げています。本日の価格が下ヒゲのない陰線で引ければ、足型で「毛抜き天井」の格好になるので、73050円が目先の強い抵抗になる可能性が出てきます。

(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

後場注目:ゴムの売り=伊藤
本日後場は、東京ゴム08年4月限の売りに注目します。売りのポイントは後場寄りで、損切りの目安を10月29日の高値300円へ設定します。300円は弱気の見方が正しければ超えない地点という意味です。後場に価格が下げるなら、13時までにつける戻り高値が本日の最高値になる可能性があります。後場寄り後、価格にはんきりとした弱気の流れができたら、損切りの目安をその前につけた戻り高値へ変更します。
東京ゴム先限の本日前場の下げは、その下げ幅の大きさから、9月12日以降の上昇途中の調整と同程度の調整と見え難い動きです。現状では9月7日~12日と同程度の調整か、上げ幅全体の修正という見方ができます。だとすれば、本日は10月29日の高値300円を前に上値を抑えられる可能性が大きいと言えます。
本日は、前場の安値以下への下げ余地があるので、前場でつけた大陽線のまま引ける動きにならず(そうなると、前場の安値が強い支持になってしまい、その後の一段安を考え難くなります)、後場が再び下値を試す動きになる公算が大きいと言えます。

東京プラチナ先限は、昨日の下げで弱気の流れを確認したばかりであることから、目先、支持5114円を試す動きになる可能性があります。本日前場の安値が強い支持になる可能性もありますが、前場の上げは下値堅さを示す動き(1日の中で急落後の急反発)になっていないので、始値で空けたギャップを埋めるだけの動きで終わるという見方もできます。
後場は、強気なら、引けにかけて前場の高値を大幅に上回る上げ場面になる、弱気なら、後場寄り後、すぐに上値を抑えられるという見方ができます。


(参謀:伊藤智洋)

もっと記事を読みたい方は・・・
相場参謀本部へ!
(全てのコンテンツを見るには会員登録【無料】が必要です)

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。